プログレスがマークロジックを買収!詳細情報
メインフレームからNoSQLへ

メインフレームデータの価値を解放する

メインフレームは今でも多くの企業で重要な役割を果たしており、ミッションクリティカルなアプリケーションを支えていることも多いです。

メインフレームデータの活用

保守費用の増加、メインフレーム技術者の減少といった問題があるだけでなく、ビジネスユーザーはメインフレーム上のデータへのアクセスに時間がかかることに不満を募らせています。

こうした問題に対処するために、皆さんの会社でもメインフレームの移行や廃止が検討されているかもしれません。しかし、その計画には数か月どころか数年はかかるでしょう。メインフレームデータの価値を解放するのに、そんなに長い間待っていられる余裕はないはずです。

解決策:

  • メインフレームデータをスピーディに解放できるデータプラットフォーム
  • データを「そのまま」読み込み、キュレーションし、セキュリティとガバナンスを適用するプラットフォーム
  • 現代的なアプリケーションとビジネスユーザーがメインフレームデータにアクセスできるプラットフォーム

MarkLogicデータプラットフォーム

サーバールームで働く人
お客様事例

ソニーにおけるメインフレームからの移行

ソニー・ピクチャーズ テレビジョンが使用していた旧来のメインフレームシステムは、ますます複雑になりメンテナンスが困難になっていました。同社がMarkLogicによって、セールス期間の短縮、収益増加、コスト削減を実現した事例をご覧ください。

ソニーの事例を見る

最新データプラットフォームへのデータ移行は、メインフレームの管理より簡単でないと意味がない

  • スピード感が大事です。数年ではなく数週間でデータを移行します。
  • 業務に求められるエンタープライズ機能を備えた堅牢なプラットフォーム。
  • プロセスをシンプルにする、実績のあるツール。
続きを読む

関連記事

ビジネスインサイト

メインフレームからの移行

地下室にある信頼できるマシンをそろそろ引退させなければならないとわかってはいても、そこに手をつけるのは気が重いことでしょう。今こそがメインフレームからの移行において最適なタイミングである理由をご覧ください。

続きを読む
顧客ストーリー

ウッドメンライフ:MarkLogicでデータプラットフォームをモダナイズし「組合員360」を提供

ウッドメンライフがデジタルトランスフォーメーション実現のためにMarkLogicを選んだ理由とその導入結果をご紹介します。

続きを読む
ビジネスインサイト

クラウド移行成功のための3つの要件

稼働中のリッチなレガシーインフラに手をつけるにあたり、まずはクラウド移行のための重要な要件を検討する必要があります。

続きを読む
メインフレームデータで新たなビジネスチャンスを発掘

関連リソース

メインフレームデータ活用により、どのような全社的成果を実現できるのか想像してみてください。

ライブデモのお申し込み

データアジリティによって複雑なデータ問題をシンプルにする方法をご紹介。

今すぐ登録