これまでのサイロ化されているシステムでは、それぞれの機関が必要としている人々に適切なサービスを提供することは困難です。システムがサイロ化している状態では、法律や優先度の変化に対して、素早く簡単かつ低コストに対応することもできません。

住民に必要なサービスを提供するには、プログラムや行政機関の境界を越えてデータをリアルタイムに統合する必要があります。これにより、個人を世帯と結び付けて管理することで、資格があるにも関わらず健康保険未加入の子供がいないかチェックしたり、失業または障がい者となった個人および世帯に速やかに社会手当を支給したりすることが可能になります。

MarkLogicは、PII/PHIに必要なセキュリティをサポートし、人を中心とした最新データの360°ビューを提供することで、プログラムの効果の向上と測定、資格決定の迅速化と効率化、デジタルエンゲージメントの向上をお手伝いします。

順番待ちのチケット、GettyImages 76186195

自治体データの価値を最大化

旧来のテクノロジーがミッションの障害になっていることを示す3つの兆候とは何でしょうか? MarkLogicにより、行政機関がデータの完全像を把握し、プログラムの効果を測定し、イノベーションを実現した例をご紹介します。

資料をダウンロードする

「現代のデータに関する今日の課題の解決には、現代のデータ要件向けに設計された技術を使うのが最適です。MarkLogicのデータベースのおかげで、CMSの目標をわずか数か月で達成できました」

お客様の成功事例

カリフォルニア州保健福祉局が2600万人のサービス向上のためデータサイロを解消

ケーススタディを見る

公共の情報の透明性、アカウンタビリティ、コンプライアンス

MarkLogicを使用して、住民と職員が必要な情報を簡単に検索、入手しやすく改善した地方自治体の事例を紹介します。きめ細かなセキュリティ制御により、機密データも確実に保護されています。

メディケイド(MMIS)のモダナイゼーションと保健福祉省のサービスの提供

複数の州の機関が、MarkLogicを使用して、リアルタイムに統合されたデータの全体像の把握、各種手当の受給資格審査、プログラムサービスの提供など、変化し続ける要件への速やかな対応を実現しています。

正確、完全、かつタイムリーな犯罪歴データ

州当局は30年前の古いシステムをMarkLogicを使ってモダナイズしたことにより、情報の精度が上がり、手作業を自動化し、また、セキュリティを向上させるとともに、将来的な変更にも柔軟に対応できるようになりました。

MarkLogicのアプローチが優れている理由

複雑なデータをより適切かつ迅速に統合するためには、MarkLogicデータハブが最適です。その理由をこちらのプレゼンテーションで紹介します。MarkLogicのオペレーショナルデータハブパターンの優位性を説明するとともに受給者、プログラム、ケースワーカー、福祉手当の複雑な関係性を把握できた米国の州福祉局の実例も紹介します。

ビデオを見る

ODHカバー画像
クラウドニュートラル50 50

クラウドへの移行

多くの行政機関が、ITのモダイナゼーションの一環としてクラウドの導入を考えています。コスト面では大きなメリットが期待されますが、ベンダーによる囲い込みのリスクも考慮する必要があります。プロバイダーを変えたいときや、オンプレミスに戻したいときはどうすればいいのでしょうか?想定外の問題が起きないように、「クラウドニュートラル」な計画を立てることが重要です。

ブログを読む

強力であっても複雑であってはならない

MarkLogicによるデータ統合のアプローチ

リレーショナルデータベースは、断片化された行と列の世界にユーザーを閉じ込めます。今こそMarkLogicでマトリクス(=行と列の世界)から脱出しましょう。

ツアーに参加

強力であっても複雑であってはならない
ガートナーODBMS 2018のプロモーション

2018年版ガートナーマジック・クアドラントODBMSチャレンジャー

3年連続で、MarkLogicは、実行能力ならびにビジョンの完全性に関してチャレンジャー・クアドラントの最上位に位置づけられました。

レポートをダウンロードする

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。