MarkLogic World 2020 Live Keynote – Register Now

迅速な意思決定のための統合データ

地理情報データに関しては、ほとんどのデータベースでは複雑な処理はできません。地理情報データをネイティブで保存、管理、検索するのは、私たちのシングルプラットフォームであるMarkLogicではありません。MarkLogicが行うのは、保存されたクエリに一致する新しいデータが取り込まれると、リアルタイムで警告を発することです。ユーザーは、情報が届くとすぐにアクセスできます。

位置情報データとそのコンテキストを示すEsriマップ
ESRI + MARKLOGIC

すべてのデータを対象とする位置分析

位置インテリジェンスで業界をリードするMarkLogicデータハブとEsriを使用すれば、質の高い分析に必要なデータとツールが揃います。

MarkLogic Esri Connectorでは、位置情報データとそのコンテキストを、リアルタイムかつ包括的で、検索可能なビューとして表示できます。

EARTHCUBE + ESRI + MARKLOGIC

インリジェンスベースのAIドリブンアクティビティ

AIの成果は、与えらえるデータに左右されます。

AIベースGEOINTプラットフォームは、MarkLogicデータハブとEarthcube、Esri ArcGISを組み合わせたもので、複雑なISRデータを安全に読み込み、保存、管理して、アナリストのワークフローの中で事象に基づいてアラートを自動的に発します。

バッシャールアルアサド空港を示すEarthcubeマップ
密猟のエリアを示すSensing Cluesのマップ
SENSING CLUES + MARKLOGIC

野生動物を救う位置情報インテリジェンス

オランダのNGOであるSENSING CLUESは、動物の密猟を防止するためにスマートIoTセンサとMarkLogicを使用しています。

現場で収集されたデータはMarkLogicデータハブで安全に保存、ハーモナイズされ、リアルタイムで検索可能な360ビューに表示されます。これによってレンジャーは状況を把握しやすくなり、素早く対応することが可能になりました。

いつ、どこで、誰が、何を

ミッションクリティカルな地理情報アプリケーションにおいて(たとえデータの処理、探索、提供のリソースが限られたでも)、MarkLogicには10年以上の使用実績があります。

詳細はこちら

機密データには信頼が絶対条件

MarkLogicは、セキュリティポリシーが厳格な政府機関のシステムに導入、運用されています。MarkLogicのお客様は、主要なシステムセキュリティ基準のほぼすべてを満たすMarkLogicを使用することでAuthority to Operate(ATO、中位影響レベル)を取得しています。

MarkLogicの認定セキュリティ機能の詳細

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。