データの改善によるより適切な意思決定

ミッションが成功するかどうかは、最終的なインテリジェンスの生成をサポートし、AIアルゴリズムの使用を可能にする、高品質かつ安全なデータのキュレーションにかかっています。ですが、複数のシステムに存在するデータソースや現実世界の事象の量、多様性、複雑性に対応してゆくことは、容易ではありません。

位置情報データベースとスプレッドシートが、リアルタイムデータを保持する事実上のシステムとなっており、アナリストが別々の場所で位置情報上の特長と組織に蓄積された知識の管理と検索を行わねばならない場合が多すぎます。時間を要するだけでなく、無駄なコストがかかります。

MarkLogicは、ドキュメント、所見、オブジェクト、画像、表情報などの構造化データと非構造化データのすべてをリアルタイムで安全に統合して、位置情報に基づいて配信し、多様なユースケースに対応します。

位置情報データとそのコンテキストを示すEsriマップ
ESRI + MARKLOGIC

すべてのデータを対象とする位置分析

位置インテリジェンスで業界をリードするMarkLogicデータハブとEsriを使用すれば、質の高い分析に必要なデータとツールが揃います。

MarkLogic Esri Connectorでは、位置情報データとそのコンテキストを、リアルタイムかつ包括的で、検索可能なビューとして表示できます。

EARTHCUBE + ESRI + MARKLOGIC

インリジェンスベースのAIドリブンアクティビティ

AIの成果は、与えらえるデータに左右されます。

AIベースGEOINTプラットフォームは、MarkLogicデータハブとEarthcube、Esri ArcGISを組み合わせたもので、複雑なISRデータを安全に読み込み、保存、管理して、アナリストのワークフローの中で事象に基づいてアラートを自動的に発します。

バッシャールアルアサド空港を示すEarthcubeマップ
密猟のエリアを示すSensing Cluesのマップ
SENSING CLUES + MARKLOGIC

野生動物を救う位置情報インテリジェンス

オランダのNGOであるSENSING CLUESは、動物の密猟を防止するためにスマートIoTセンサとMarkLogicを使用しています。

現場で収集されたデータはMarkLogicデータハブで安全に保存、ハーモナイズされ、リアルタイムで検索可能な360ビューに表示されます。これによってレンジャーは状況を把握しやすくなり、素早く対応することが可能になりました。

いつ、どこで、誰が、何を

ミッションクリティカルな地理情報アプリケーションにおいて(たとえデータの処理、探索、提供のリソースが限られたでも)、MarkLogicには10年以上の使用実績があります。

詳細はこちら

機密データには信頼が絶対条件

MarkLogicは、6社あるデータベースベンダーのうちの1社で、唯一のNoSQLデータベースです。

NIAPコモンクライテリア認証

コモンクライテリアロゴ

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。