国家の安全を守る仕事でも、コミュニティメンバーに必要なサービスを提供する仕事でも同じように、データを日々使用しています。ところが、データが数多くのフォーマットで多数のシステムに格納されているために、必要な情報の取得が難しかったり、長時間かかったりすることがよくあります。

MarkLogicがそうした問題の解決をサポートします。最新のセキュアなデータハブプラットフォームは、世界中の公共機関で、レガシーテクノロジーや分断されたデータがもたらす限界の解消に役立っています。また、従来の方法より少ない時間とコストで、適切な情報を適切な人に適切なタイミングで届けます。

インテリジェンスマップを操作する政府職員

15年間、自社開発の小さなアプリケーションに適したソリューションを探し続けていました。拡張性はないアプリでしたが、MarkLogicは当初の要件を満たす初めてのツールだったのです。”

Valerie Noble

今日のミッションのニーズに対応する最先端のデータソリューション

セキュリティインテリジェンスのメリット


ミッションクリティカルなスピードで複雑なデータ統合、高度な分析、セキュアな情報提供を実行し、優れた意思決定を実現

国家安全保障ソリューションの詳細

サービス向上のためのデータの改善


プログラムの有効性を測定して改善するためのリアルタイム360°ビュー、適格性の判断のスピードアップと効率化、デジタルエンゲージメントの向上

州政府および地方自治体向けソリューションの詳細

お客様成功事例のご紹介

MarkLogicを使用してデータの360°ビューを獲得し、ミッション目標の達成に活用している政府機関とNGOの例をご覧ください。

空軍研究所のロゴ

米空軍研究所(AFRL)がさらに安全かつ強力な航空機とツールの製造を目指してMarkLogicベースのデータプラットフォームを構築

ケーススタディを見る

カリフォルニア州保健福祉局のロゴ

カリフォルニア州保健福祉局(CHHS)が2600万人のサービス向上のためデータサイロを解消

ケーススタディを見る

国防技術情報センターのロゴ

DTIC(アメリカ国防技術情報センター)がMarkLogicを使用して、クリティカルなDoD情報の発見や共有を容易にし、安全性を向上

ビデオを見る

HealthCare.govのロゴ

CMSが実稼働までの時間を短縮し、シームレスなオンラインショッピング体験を実現

ケーススタディを見る

ローレンス・リバモア国立研究所のロゴ

Lawrence Livermore National Laboratory(ローレンス・リバモア国立研究所/LLNL)がMarkLogicを導入し、原子力の安全を推進

ケーススタディを見る

Logo for OECD

OECDが新たなオーディエンスを獲得し、グローバルコラボレーションを強化

ケーススタディを見る

強力であっても複雑であってはならない

MarkLogicによるデータ統合のアプローチ

リレーショナルデータベースは、断片化された行と列の世界にユーザーを閉じ込めます。今こそMarkLogicでマトリクス(=行と列の世界)から脱出しましょう。

ツアーに参加

強力であっても複雑であってはならない

機密データには信頼が絶対条件

MarkLogicは、セキュリティポリシーが厳格な政府機関のシステムに導入、運用されています。MarkLogicのお客様は、主要なシステムセキュリティ基準のほぼすべてを満たすMarkLogicを使用することでAuthority to Operate(ATO、中位影響レベル)を取得しています。

MarkLogicの認定セキュリティ機能の詳細

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。