真の状況認識には、ソースがISR、C2、Multi-INT、さらには将来のデータタイプのいずれであっても、すべてのデータを管理して、リアルタイムの理解と最適な意思決定に対応するプラットフォームが必要です。さらに、セキュリティも重要になります。

MarkLogicを使えば、サイロ全体に分散したデータを統合して強化し、位置情報、テンポラル(時間)、セマンティックのコンテキストでデータを配信できます。これにより、分断された環境でもインテリジェンス情報を収集して共有できます。MarkLogicでは、リアルタイムアラートと高度な検索機能を備えた、セキュアでアジャイルなデータベースプラットフォームにより、データ統合を効率化し、データの360°ビューで迅速なコミュニケーションと最適な意思決定を実現できます。

統合、格納、管理、検索をこれまでになく簡単に

お客様が必要としているのは、分断されたデータサイロで統合、格納、管理、検索を可能にするアジャイルな方法です。インサイトを短時間で獲得し、ミッションクリティカルなインテリジェンスをいつでもどこでもセキュアに共有する方法についてご覧ください。

統合ストアのビデオサムネイル
統合、格納、管理、検索する | 2:19

データを統合

インテリジェンスの自動化に対応

ソースデータの量は増大し続けており、アナリストはその対応に苦慮しています。決め手となるのは人工知能(AI)でワークロードを処理することですが、自動化は困難であることが明らかで、導入が遅れています。MarkLogicでは、コストを抑えながら自動化のプロセスを加速できます。

詳細はこちら

柔軟で強力なソリューションで国家安全保障に対応

お客様の任務に必要なのは、優れた情報の融合、検索、アラート、インテリジェンス開発、普及です。RDBMSへの適応の複雑さとコスト、カスタムのオープンソースに関連するセキュリティにうんざりしているのであれば、MarkLogicにお任せください。

詳しく見る

MTA(Mission Talent Alignment)

ポリシー、規則、予算が変更されても、MarkLogicのMTA(Mission Talent Alignment)ソリューションがあれば、HRシステム、財務、出版、ソーシャルメディアなどの多様なソースからデータを統合し、新規プロジェクトの立ち上げとスタッフ配置も容易になり、迅速に適応できます。

方法を確認する

データガバナンス:知っておくべきこと

このQ&Aポッドキャスト(20分)では、MarkLogicのエンジニアリング担当上席副社長のデイヴィッド・ゴーベットが、データガバナンスとセキュリティの最も差し迫った懸案事項、その結果、組織が時間内に行動できなくなる最悪の事態について説明しています。再生ボタンを押して視聴してください。

ビデオサムネイル、ソリューション、国家安全保障、デイヴィッド・ゴーベット
政府レベルのセキュリティのプロモーション画像

政府レベルのセキュリティの真の意味

政府レベルのセキュリティとは、改ざん、高度な暗号化、要素レベルのセキュリティで機密性の高いエンタープライズデータのセキュリティが強化されていることです。MarkLogicでは、きめ細かなデータセキュリティにより、割り当てられたロールと権限を持つユーザーをサポートし、アクセスする前にユーザーの権限を常に確認します。これにより、データセキュリティという最優先の懸案事項も解決されます。

ホワイトペーパーを読む

ミッションクリティカルなデータには信頼が必須条件

MarkLogicでは、複数のエンタープライズ防御とインテリジェンスプログラムをサポートしており、関連のないシステムでも高度なアラートと保存済み検索条件を利用できます。

NIAPコモンクライテリア認証を取得したデータベースベンダーは6社しかなく、MarkLogicはその中で唯一のNoSQLデータベースです。PL3/ICD-503など、カスタマイズしたリスク管理フレームワークでリスク軽減をサポートし、DITSCAP認証済みで、オンプレミス、クラウド、ハイブリッド環境でも運用できます。

コモンクライテリア認証について詳しく見る

 

強固なデータアクセスの図(写真)

MarkLogicが世界中のミッションクリティカルなシステムを強化

警察インテリジェンス

虐待、育児放棄、児童労働などから子供を守る機関は世界中に存在しますが、どの機関も十分な情報を備えておらず、子供の危険に介入する必要があるか迅速に把握することが困難になっています。MarkLogicでは、50を超えるシステムで7つの機関を連携させ、子供の危険に関する全記録を作成するデータパターンを識別できるようにしています。

 

状況認識

U.S. Combatant Command(米軍戦闘司令部)では、ナレッジ管理と情報システムを開発し、多くのシステム、プログラム、人に関する多様なデータセットを共有しています。このソリューションでは、DIL(不安定なネットワーク環境)での運用もサポートしています。これにより、司令部のレガシーRDBMSシステムよりクエリのパフォーマンスが59%向上し、ディスクの使用容量についても57%削減できました。

MarkLogicによる機能強化
MarkLogicは誇れるパートナーです

MarkLogicデータベースについてさらに詳しく知りたいですか?

MarkLogicは、サイロからのデータ統合に対応した世界最高レベルのデータベースであり、オペレーショナルでトランザクショナルなエンタープライズNoSQLデータベースのプラットフォームとして、多くのデータを統合、保管、管理、検索できるように設計されています。1つのデータベースで無限の可能性を持っています。

MarkLogicデータベースの概要

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。