MarkLogic World 2020 Live Keynote – Register Now

国家安全保障のためには、データをもっと活用する必要があります。組織の境界を越える必要があります。絶え間ない攻撃の脅威から守るために、連邦政府機関は迅速で信頼できる決定を下す必要があります。そのためには、ミッションスピードですべての複雑なデータを確実に統合する必要があります。MarkLogicはそれを行い、米国政府の中で最も安全な環境で実施しています。

Group of soldiers in camouflaged clothing on a mission in dark cave.
3つの隠れたリスク

防衛機関と諜報機関にとって、オープンソースソフトウェアはリスクを冒すだけの価値がありますか?

重要なミッションを成功に導くには、適切なテクノロジーと情報を使ってリスクを管理し、常に最適な判断ができる状態を維持する必要があります。

情報シートを読む

3つのステップで見るMarkLogicデータハブ

複雑なデータを安全かつスピーディーに統合して国防総省と諜報機関のミッションを支援するプラットフォーム

GOVLOOPのウェビナー | 2019年12月12日

よりシンプルなデータ統合でミッションを成功へと導く

新たなデータ分析ツールの登場により、各機関は運用とプログラムを管理する新たな方法を検討しています。当てずっぽうや思い込みに頼るのではなく、データを活用して正確な決断を下し、そうした決断の結果を評価するようになっています。残念ながら、政府機関が必要とするデータは多くの場合、複数のシステムやデータベースに散在しており、必要な洞察を得ることは困難です。

各機関がどのようにしてデータドリブンの意思決定を理想から現実のものにしているかを紹介するウェビナーを配信予定です。12月12日(木)の午後2時~3時(東部標準時)/午前1111時~正午(太平洋標準時)に開催されるウェビナーにぜひご参加ください。

ウェビナーに参加する

Group of people in dark room launching a missle

AIとナレッジマネジメント

市場調査会社Cognilyticaが行った、AIが組織内の知識と情報の作成、共有、使用、管理に影響を与える8つのユースケースに関する調査をご紹介します。

インフォグラフィックを確認する

Global network abstract particles render of earth over the Train Trasportation Scene cityscape from terrace at twilight time, graphic and motion with architecture concept

政府レベルのセキュリティの真の意味

政府レベルのセキュリティとは、改ざん、高度な暗号化、要素レベルのセキュリティで機密性の高いエンタープライズデータのセキュリティが強化されていることです。MarkLogicでは、きめ細かなデータセキュリティにより、割り当てられたロールと権限を持つユーザーをサポートし、アクセスする前にユーザーの権限を常に確認します。これにより、データセキュリティという最優先の懸案事項も解決されます。

ホワイトペーパーを読む

米国防総省コミュニティの真の情報源

米国防総省は毎年、数十億ドル規模の科学技術研究に資金を投入しています。アメリカ国防技術情報センターがいかにして、そのデータリポジトリー、検索エンジン、およびセキュリティーシステムを、米国防総省コミュニティのためにこのS&T研究の単一ソースに統合したかをご覧ください。

ページを見る

本部指令センターのアメリカ兵士

データガバナンス:知っておくべきこと

このQ&Aポッドキャスト(20分)では、MarkLogicのエンジニアリング担当上席副社長のデイヴィッド・ゴーベットが、データガバナンスとセキュリティの最も差し迫った懸案事項、その結果、組織が時間内に行動できなくなる最悪の事態について説明しています。再生ボタンを押して視聴してください。

ビデオサムネイル、ソリューション、国家安全保障、デイヴィッド・ゴーベット

MarkLogicが世界中のミッションクリティカルなシステムを強化

警察インテリジェンス


虐待、育児放棄、児童労働などから子供を守る機関は世界中に存在しますが、どの機関も十分な情報を備えておらず、子供の危険に介入する必要があるか迅速に把握することが困難になっています。MarkLogicでは、50を超えるシステムで7つの機関を連携させ、子供の危険に関する全記録を作成するデータパターンを識別できるようにしています。

 

状況認識


U.S. Combatant Command(米軍戦闘司令部)では、ナレッジ管理と情報システムを開発し、多くのシステム、プログラム、人に関する多様なデータセットを共有しています。このソリューションでは、DIL(不安定なネットワーク環境)での運用もサポートしています。これにより、司令部のレガシーRDBMSシステムよりクエリのパフォーマンスが59%向上し、ディスクの使用容量についても57%削減できました。

地理情報のデモ

複雑なデータは、私たちの複雑な世界を表しています。ミッションの成功は、セキュアで、高品質で、情報が整理されたデータにかかっています。変化する世界では、アナリストはリアルタイムのデータを管理するのに地理情報のデータベースやエクセルの表シートに頼ることができなくなっています。時間がかかりすぎて、優先度の高いプログラムから資金が奪われます。MarkLogicは、非構造化データと構造化データ — 文書、観測データ、オブジェクト、画像、表形式の情報 — を、ミッションスピードの共有とアクセスを実現する統一プラットフォームに安全に統合します。

MarkLogicによる機能強化
MarkLogicは誇れるパートナーです
信頼できるパートナー

MarkLogicデータベースについてさらに詳しく知りたいですか?

MarkLogicは、サイロからのデータ統合に対応した世界最高レベルのデータベースであり、オペレーショナルでトランザクショナルなエンタープライズNoSQLデータベースのプラットフォームとして、多くのデータを統合、保管、管理、検索できるように設計されています。1つのデータベースで無限の可能性を持っています。

MarkLogicデータベースの概要

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。