ガートナーのクラウドDBMSレポートにおいてMarkLogicがビジョナリーに

国家安全保障では、データを最大限活用し、兵士や指揮官、戦略担当者を支援する必要があります。リアルタイムの意思決定やインサイトに使えるデータが必要で、組織の壁を越える必要もあります。そのためには、状況が変化する作戦遂行の間にも、あらゆる複雑なデータを確実かつ信頼性の高い形で統合することが求められます。MarkLogicは、こういったことを米国政府において最も安全な環境で実現しています。

データ戦略を成功に導く

引用:

軍や情報機関のリーダーたちは、これまで以上に「データセントリック」である必要性を認識しています。しかし、これは具体的に何を意味しているのでしょうか。またどうしたら実現できるのでしょうか。

国防総省のデータ戦略における「8つの基本原則」と、その作戦遂行上の意味に関するブログをご覧ください。

ブログを読む

作戦遂行における統合データの力

「DTIC R&E Gatewayにより、意思決定者は全体を把握して今後何が起こるかを予測し、兵士を支援するための準備ができるようになります。私たちはMarkLogicでそういったデータを効果的に格納したうえで、エンリッチと強化を行って提供しています」

大量かつ多様なデータをリンクし、コンテキストを提供することで試験を改善

LLNLがMarkLogicを選んだ理由を見る

エクサバイト単位のデータで社内外のコラボレーションを実現

AFRLデータプラットフォームの詳細を見る

データドリブンなアプローチにはこれまでと異なる考え方が求められます。それを実現した人たちの声をお聞きください

ウェビナーを見る

GISを活用して、あらゆるデータとそのコンテキストをリアルタイムで把握することで意思決定を加速

地理情報デモを視聴する

現在のAIプロジェクトのうち、目標を達成できているのはわずか1/3です。適切なデータプラットフォームを使用することで成功率を上げることができます。

AIプロジェクトの成功率を向上させる

セキュリティ、ガバナンス

統合済みデータのセキュリティが確保されているため、安全に共有可能

MarkLogicのセキュリティ機能

どのマルチモデルデータベースよりも優れた高度なエンタープライズデータセキュリティ制御

データセキュリティとデータ共有

MarkLogicのデータセキュリティ機能の概要と、これらの機能による効果的なデータ共有の方法をご紹介

セキュリティをさらに詳しく:データの保護と共有の両立

MarkLogicのセキュリティ専門家であるジェイソン・ハンターによるセキュリティの技術的な説明

MarkLogicプラットフォームの詳細

MarkLogicの使命は、最も複雑なIT課題の1つであるデータ統合をシンプルにすることです。MarkLogicデータハブは統合データプラットフォームであり、全てのエンタープライズデータの統合、キュレーション、アクセスを提供し、大規模な業務アプリケーションと分析アプリケーションを実行できます。

詳細はこちら

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。