MiFID IIとその先へ — MarkLogicが解決

MiFID IIを順守するには、株式、債券、ヨーロッパで取引されているデリバティブ、および取引の再構築を—すべての通信チャネルで—リアルタイムに報告することが求められます。

データウェアハウスやETL、専用のレポートソリューションでは、MiFID IIや、BCBS 239、FRTB、Dodd-Frank、GDPRなどの規制には対応できません。必要なのは、すべてのソースからすべてのデータを統合するマルチモデルオペレーショナルデータベースであり、セキュアな運用、取引前後の正確なレポート、モニタリングをリアルタイムでできることです。このようなデータベースであれば、将来予想される新たな規制に関係なく、ビジネスの透明性と俊敏性を向上することができます。

MarkLogicのデータ統合プラットフォームでは、新たに発生する要件にも簡単に対応できるため、個別のレポートソリューションが不要になります。

ソリューションシートを詳しく見る

コンプライアンス対応の準備はできていますか?

必要な情報を簡単に見つけることができます。MarkLogicのチェックリストを使えば、規制要件を満たしているか、コンプライアンス戦略を見直す必要があるか確認できます。

続きを読む

MiFID IIコンプライアンス対応の図
MiFID IIコンサルティングサービスの画像

データ課題を解決

MiFID IIに関連する主要なデータ課題と、MarkLogicのテクノロジーでどのように解決できるかについてご覧ください。

ホワイトペーパーを読む

オペレーショナルかつトランザクショナルなエンタープライズNoSQLデータベース。
データをより上手く、早く、少ないコストで統合

MiFID IIソリューション

「取引データの扱いは非常に難しいことから、MarkLogicを選びました」

「銀行は、変化する規制要件に迅速に対応できなければなりません。一方、ご存じのとおり取引データをリレーショナルデータベースで管理することは非常に難しい。それがMarkLogicを選んだ理由です。MarkLogicのマルチモデルデータベースの幅広さと、セキュリティやACIDトランザクションなどの関連機能は納得のいくものでした」

MiFID IIコンプライアンスにわずか30日で対応

MiFID IIクイックスタートガイド

データを統合

レポートではなくデータ

包括的な規制に直面した場合に、リアルタイムのレポートを提供することは面倒な作業ですが、不可能ではありません。MarkLogicのエンタープライズNoSQLデータベースで規制に関する報告の悩みをどのように軽減することができるかご覧ください。

Webセミナーを見る

データの課題を解決

取引の再建の問題を抱えていませんか?データ品質の管理に弱腰になっていませんか?データソースが複数の場所に分散していますか?コンプライアンスを達成するための課題をどのように解決するか、ご覧ください。

Webセミナーを見る

規制当局に感謝

規制に関する報告を処理することは悩みの種であることは間違いありませんが、希望の兆しがあります。規制についての報告に関するすべてのデータが統合されれば、イノベーションを効果的に実現し、競争で勝ち抜く絶好のチャンスになるからです。

記事を読む

MiFID IIトランザクションレポートデモ(7分)
ソリューションMiFID IIのビデオサムネイル2

長い目で考えましょう。規制について現在懸念しているのはMiFID IIについてかもしれませんが、将来回避できない新たな規制もあります。現在と将来の規制に関する報告の要求にMarkLogicの規制報告プラットフォームでどのように対応できるかについてご覧ください。

ガートナーODBMS 2017のプロモーション

2017年版ガートナーマジッククアドラント(ODBMS)のチャレンジャーに唯一選定されたNoSQLベンダー

MarkLogicは昨年に引き続きチャレンジャークアドラントに残った唯一のNoSQLベンダーとして、最も高い実行力とビジョンを持つチャレンジャークアドラントに位置づけられました。

レポートをダウンロードする

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。