1つのプラットフォームで視聴者、業界、データの需要に対応します。

メディア企業の専用設計のシステムは、データの問題を1つ解決しても他に3つ発生するようなシステムばかりで、現在のデジタル需要に対応した、競争力のある運用方法ではありません。お客様のような組織がMarkLogicを検討しているのは、そのような理由からです。

MarkLogicでは、データのサイロを簡単に統合して管理できます。これにより、コンテンツ(および関連のメタデータ)の真の可視化を実現し、制作コストを削減しながらターゲットオーディエンスの満足度を向上できます。

MarkLogicでは、セキュアな運用、データのライフサイクル全体の正確なレポートと分析をサポートすることで、変化に簡単に対応し、これまでにないほど迅速にイノベーションを実現できます。すべては1つのプラットフォーム上にあります。

データ統合を適切に実施

ますます多くのお客様が、自分の好みやニーズに合わせてカスタマイズしたコンテンツ体験を求める中、このような製品を短時間のうちに低コストで提供することが必要になっており、業界をリードする企業では、ODH(オペレーショナルデータハブ)という新たなアプローチに注目しています。MarkLogicのデータハブでは、お客様のような組織が求めていた、サイロの解消、エンタープライズデータの統合、コンテンツの再利用、データの可視性を実現します。

詳細はこちら

通貨600

統合されたデータのメリット

収益を向上

MarkLogicのコンテンツライフサイクル向けのオペレーショナルデータハブにより、コンテンツの収益化の新たなチャンスを迅速に活用できるアジャイル性を実現します。

コンテンツ配信を強化

Lagardèreでは、MarkLogicを使用して、さまざまなメディアタイプを「そのまま」取り込み、需要にあった収益を生む製品を、これまでになく迅速に市場に投入できるようになりました。

成長とM&Aに対応した拡張性

ALMでは、法務関連のコンテンツプロバイダから多業種対応の情報プロバイダに成長することを決定したとき、強固なデータ統合プラットフォームが必要でした。

顧客のゴールドレコード

ALMでは、わずか4か月で、360°ビューを作成してオーディエンスベースを拡大し、データを公開してカスタマーエンゲージメントの向上に成功しました。

シンプルなインフラストラクチャ

ピアソンが、MarkLogicによるインフラストラクチャを簡素化し、コンテンツを簡単に発見して効率的に配信できるようにした方法を紹介します。

パーソナライズされたコンテンツ配信

「そんなに特別なことですか?」NBCユニバーサルはクラウドに視聴者向けアプリケーションを導入し、過去40年のサタデイナイトライブのコメディーを視聴できるようにしました。このアプリケーションは4か月で構築され、すでに数百万回もダウンロードされています。

MarkLogicによる機能強化
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。