データを利用して効率的に提供、リスクを軽減、優れた結果を達成

既成概念を超える技術や市場の変化が、製造業に変革をもたらしています。今注目すべきは、データと情報の利用をいかに最適化するかです。これらすべてが、インダストリー4.0と呼ばれる新たな産業革命へとつながります。

この変革の可能性を実現しようとする組織に必要なのは、「データを産業化」し、この資産を中核として、より良い結果と顧客サービスの実現、複雑なビジネス環境への対応、将来に向けた変革を実現することです。MarkLogicのお客様は、実績あるアーキテクチャモデルであるオペレーショナルデータハブにより、このビジョンを実現しています。オペレーショナルデータハブは、デジタルスレッドへのデータの統合を簡素化し、企業の業務と分析のユースケースを強化します。

「決め手はデータにある」

データハブを現場のワークフロー業務に利用

シェブロンでは、現場のワークフロー業務にMarkLogicを利用することで、記録システム間のデータを調和させ、従業員が必要とする情報をリアルタイムで提供しています。詳細については、動画(10分)をご覧ください。

MLW18 サムネイル
変革を加速

Industry 4.0: The Future of Manufacturing

この新たな産業革命への飛躍とはどのようなものでしょうか?課題は何でしょうか?イノベーションの推進において、なぜデータはこれほど重要なのでしょうか?

ブログを読む

リーダー組織からの信頼

 
 

詳細はこちら

2019年2月5日
In case you haven’t heard, Industry 4.0 is here. It’s a significant transformation in the way products are produced, as a result of the digitization of manufacturing. Digitization helps ensure product quality and safety as well as faster service delivery, which goes a long way with customers.
Industry 4.0 connects digital and physical technologies—AI, robotics, cloud computing and more—to create more adaptable, responsive and unified enterprises with the ability to make more informed decisions. What challenges will manufacturers face in addressing this?
Certain technologies are considered “disruptive” when it comes to Industry 4.0. Find out which ones.
Industry 4.0 is creating new cost savings for manufacturers. Leveraging and sharing information across a digital thread allows for closer cohesion across the complete product lifecycle.
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。