有害事象を示す安全性のシグナルを迅速に検出して評価

医薬品のライフサイクルでは、いつ有害事象が発生して、深刻な結果になるか分かりません。事象が検出された場合は、医薬品の安全性を確保するとともに、規制要件を満たす遅れのない報告を行うために、即時にアクションを起こす必要があります。

ですが、データサイロ、分析と運用向けウェアハウスの分離、データモデリングを多用する柔軟性に欠けるテクノロジがあれば、使用できる安全性に関する情報の量が膨大で、種類も多岐にわたるため、重要なインサイトを引き出すまでに数カ月を要しかねません。

すでにお客さまにご利用いただいているMarkLogicの製品であれば、医薬品安全性監視に対応する、シグナルのより速い検出と、簡素化されたレポートが可能です。

MarkLogicの柔軟なテクノロジで可能なこと:

  • 構造が複数存在するデータの統合を最大10倍高速化
  • 完全な360ビュー(全体像)のデータにより意思決定が向上
  • データの隠れた関係性を発見できるインテリジェントなセマンティック検索
  • 政府レベルのセキュリティと強化されたデータガバナンス

MarkLogicでは導入が柔軟です。このエンタープライズ仕様のソリューションはクラウドに導入可能で、インフラストラクチャを購入する必要も、管理する必要もありません。

不可欠なコネクションを迅速に

ジョンソン・エンド・ジョンソン、迅速にインサイトが得られるメタデータアプリを構築

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、メタデータカタログを構築することにより競争優位性を得ました。研究員はメタデータで絞り込むことで、調査において重要な患者候補や試験をすぐに特定できます。

リアルワールドデータを活用したより迅速な有害事象の検出

シグナルの検出から、インサイトを得るまでの時間を短縮する最初のステップは、データのハーモナイズ、セマンティックによるエンリッチメント、全データを検索可能にすることです。

IDCカスタマースポットライト:アッヴィによる医薬品研究データの統合

大手製薬企業が、社内の全データへのリアルタイムアクセスが可能なクラウドベースのデータプラットフォームを構築して、研究者がより適切な意思決定を下せるようにした事例をご紹介します。

医薬品安全性監視向けオペレーショナルデータハブ

重要情報を提供してきた実績を持つMarkLogicの製品は、医薬品のデータとメタデータの情報源全体の中でも信頼できる唯一の情報源を用いて、有害事象をより速く検出して、評価することができます。

ソリューションシートを読む

ソリューション 業界 製薬 600x600
バイオテクノロジー600

リアルワールドエビデンス(RWD)開発を加速

エビデンスの作成期間を短縮するには、医療データから効率的にインサイトを得ることが必要不可欠です。MarkLogicでは、データサイロを短期間で統合、ハーモナイズし、インテリジェントに検索できるため、RWE生成を加速できます。

ホワイトペーパーを読む

オペレーショナルデータハブの紹介

アーキテクトは、データ統合に伴って発生する問題に頭を悩ませています。急速に変化するビジネスニーズを満たすとともにデータ管理の課題を解決するために、オペレーショナルデータハブ(ODH)が必要な理由をご確認ください。

eBookをダウンロードする

ODHカバー画像
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。