医薬品サプライチェーンにおけるリスクの低減

製薬企業は、細分化されたサプライチェーンの可視化に苦労しており、その結果として、医薬品のロット系統とバッチ追跡の困難、処理と注文管理の非効率性、予定外の停止時間、製品の不足や過剰在庫、温度管理の問題、出荷の不透明化などが発生しています。これらの課題により、製薬企業は、安全な医薬品を患者に供給しながら規制要件を遵守することが難しくなっています。

自動化、AI、機械学習により医薬品サプライチェーンの運用がより安全かつ効率的になることは明らかですが、これらのテクノロジをうまく活用するには、正確なデータキュレーションを効果的に行うことが欠かせません。

MarkLogicのデータハブを使用すれば、製薬企業が迅速にインサイトを得て、簡素化された監視を行うことができます。

  • 構造が複数存在するデータの統合を最大10倍高速化
  • 全データの360ビュー
  • データガバナンスの改善
  • 詳細に設定できる高度なセキュリティ

MarkLogicは、効率的なバッチのトレーサビリティ、転用と偽造の防止、正確な予測、リードタイムの短縮、在庫の最適化を高度化することにより、製薬企業のお客様の無駄を低減して、サプライチェーンの包括的な可視化と管理を可能にします。

医薬品サプライチェーン向けソリューション

アムジェンによる現代の医薬品サプライチェーンのデジタル化

ライフサイエンスの変革をもたらすPharma 4.0 ー より安全かつ効率的なサプライチェーンの構築に貢献し、患者の皆様の健康を守ります。残念ながら、断片化されたサプライチェーン全体を把握できないことが、この重要な変革の大きなネックとなっています。

グラフストアだけでは医薬品のロット系統の追跡には不十分

医薬品のリコールは、製薬企業にとって、社会における信頼と最終損益の両面で重大な影響があります。したがって、複雑なサプライチェーン内のどこでリコールが起こるとしても、できる限り早くシグナルを発せられるプラットフォームの構築が不可欠です。

製薬業界向けオペレーショナルデータハブ

MarkLogicは製薬企業のお客さまをサポートし、運用の合理化と新しい医薬品の市場投入までの期間の短縮を可能にします。データハブを使用すれば、データを正確に把握でき、断片化を解消しつつ、新しいビジネスモデルの構築が可能になるしくみをご紹介します。

IDCカスタマースポットライト:アッヴィによる医薬品研究データの統合

大手バイオ医薬品企業が、社内の全データへのリアルタイムアクセスが可能なクラウドベースのデータプラットフォームを構築し、研究者がより適切な意思決定を下せるようにした事例をご紹介します。

レポートを読む

製薬工場でパッケージを検査する社員
電子顕微鏡で金属構造を調べる科学者

Introducing the MarkLogic Data Hub Service for Pharma R&D

Integrate all pharma data 10X faster with the Data Hub Service for Pharma R&D—a single pane of glass that provides easy access to the widest possible array of data available, including publications, authors, genes, drugs, and more.

導入事例

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。