データ間の隠れた関係性の発見を最大で10倍高速化

製薬業界における近年の進化をもってしても、創薬には依然として非常に長い時間がかかります。数十億ドルと10年以上を費やして新薬を市場に投入しても、それはほんの始まりに過ぎません。FDA承認後も、製薬会社は、患者、医療機関、保険会社に対してその新薬の価値を証明しなければなりません。

これらについて、MarkLogicがお手伝いします。将来を見据えたアジャイルなデータ技術により、新薬の発見および開発を加速し、開発期間を短縮できます。

MarkLogicは、R&Dプラットフォーム開発への効果的なアプローチとしてすでに活用されています。主なメリットをご紹介します。

  • 構造が複数存在するデータの統合を最大10倍高速化
  • 完全な360ビュー(全体像)のデータにより意思決定が向上
  • データの隠れた関係性を発見できるインテリジェントなセマンティック検索
  • 政府レベルのセキュリティと強化されたデータガバナンス

さらに、クラウド上のエンタープライズ仕様の強力なマネージドサービスを利用すると、インフラの購入や管理が一切不要になります。

R&Dの生産性を加速する

フォーチュン 50の製薬会社は、メタデータアプリケーションで知見獲得を高速化


この製薬会社では、MarkLogicのプラットフォームを活用してメタデータカタログを構築することにより、競争優位性を高めています。研究員はメタデータで絞り込むことで、調査において重要な患者候補や試験をすぐに特定できます。

リアルワールドエビデンス(RWD)開発を加速


RWD開発期間を短縮するには、医療データから効率的に知見を得ることが必要不可欠です。MarkLogicでは、散在するリアルワールドデータのサイロを、短期間で統合、ハーモナイズし、インテリジェントに検索できるため、エビデンス生成を加速できます。

IDCカスタマースポットライト:アッヴィが創薬研究データを統合


大手バイオ医薬品企業が、社内データへのリアルタイムアクセスが可能なクラウドベースのデータプラットフォームを構築し、研究者がデータを活用して十分な情報に基づいた意思決定を下せるようにした事例をご紹介します。

アッヴィによる新薬市場投入時間の短縮

アッヴィは、MarkLogicで構築したクラウドベースのR&Dプラットフォームにより、新薬の市場投入時間を短縮しました。フィル・ハイドゥク氏(R&Dインフォメーションリサーチ担当VP)が、アッヴィはどのようにして従来のシステムよりもはるかに短い時間でデータを発見できるようになったかを説明します。

MLW18 サムネイル

オペレーショナルデータハブの紹介

アーキテクトは、データ統合に伴って発生する問題に頭を悩ませています。急速に変化するビジネスニーズを満たすとともにデータ管理の課題を解決するために、オペレーショナルデータハブ(ODH)が必要な理由をご確認ください。

eBookをダウンロードする

ODHカバー画像
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。