新薬開発には10年以上の時間と数十億ドルのコストがかかると言われています。さらに今日の製薬業界は、短時間で製品を市場に投入するプレッシャーにさらされています。しかし、このためにはまず、データの効果的な活用を阻んでいる次のような課題を解決しなければなりません。

  • 大量の非定型データ管理の難しさ
  • 時間と多大な労力を要するデータ統合プロセス
  • データの共有、ガバナンスとセキュリティ

これらの問題の原因は、データがサイロ化されていることにあります。データが統合されていないためにプロセスが断片化され、製薬のライフサイクルの各段階で重要な情報にずれが生じます。

R&Dからサプライチェーン、医薬品安全性監視、さらには実際のエビデンスの作成まで、製薬会社が低コストですべての製薬データの迅速な読み込みやアクセスを行い、インサイトを引き出すことを可能にします。

提供開始

MarkLogicファーマリサーチハブ

広範なR&Dデータのすべてをハブで一元管理し、容易にアクセスできます。ハブによって製薬データの統合は10倍高速化され、かつてない協業と発見を実現できます。

詳細はこちら

MarkLogicにより、競合よりも迅速かつ低コストで、より正確なデータを研究者に提供することができるようになりました」

Phil Hajduk氏
ライフサイエンス向けソリューション

短時間、低コストですべての製薬データを統合

アッヴィは輝かしいイノベーションの積み重ねで未来に対応

IDCカスタマースポットライト:アッヴィは、R&Dにおけるデータの課題に直面しています。最新のIDCのレポートでは、そうした課題のインサイトと、課題を克服するためにアッヴィが使用している次世代のデータベーステクノロジーについて説明しています。

未来のR&Dプラットフォームで創薬を加速

FDA承認後も、製薬企業は、患者、医療機関、保険会社に対してその新薬の価値を証明しなければなりません。MarkLogicの将来に対応したアジャイルなデータ統合技術は、医薬品の開発サイクルを短縮し、新薬開発を加速します。

有害事象の検出を迅速化

MarkLogicのオペレーショナルデータハブによって、創薬ライフサイクルの各段階において有害事象の検出が強化されます。法規制の違反や高額な罰則金の支払を防止することで、患者と管轄当局からの評価を維持できます。

ポイントツーポイントが的外れな理由

成功するには、すべてのデータを見えるようにすることが必要

非効率で部分的なSOAデータ統合を超えて、時間とコストをかけずにすべての製薬データを統合できます。MarkLogicのオペレーショナルデータハブは、製薬会社のR&Dからサプライチェーンに至る業務を合理化し、イノベーションと業務効率化を促進します。

詳細はこちら

ソリューション、RWE、ポイントツーポイント600
複数のスキーマ:1つのプラットフォーム

シームレスで洗練されたデータ統合

混合データも自然に処理して、分断されたデータサイロの統合を可能にするデータ管理の進化については、マルチモデルデータベースに関する無料のeBookをご覧ください。

マルチモデルのeBookを読む

グローバルなバイオテクノロジーリーダーがメタデータアプリケーションでRWEを加速

MarkLogicでは、バイオテクノロジーのグローバルリーダー向けにメタデータのカタログを作成しました。これにより、研究者はメタデータを使用して、調査対象に最も関連する患者の候補者や研究に関するデータセットを効率的に絞り込み、迅速なインサイトと競争上の優位性を発揮できるようになりました。

詳細はこちら

バイオテクノロジー600
有害事象の検出と報告を効率化

製薬業界では有害事象の検出と報告の効率化が求められています。しかし、事例に関するデータ量の増加に伴い、対応は困難になってきています。シグナルを検出し、重要なインサイトを得るための最初のステップは、データのハーモナイズ、セマンティックによるエンリッチメント、全データの検索性を実現することです。

最新のライフサイエンスのサプライチェーンをデジタル化

アムジェンのタクソノミー管理リーダーであるClare Augustine博士が、MarkLogicのHealthcareのヘルスケア、ライフサイエンス、および製造業の専門家とともに、業界をリードする企業がどのようにしてサプライチェーンからのデータを結びつけ、低コストでレーンキャリア業務とコンプライアンスを改善したかを語ります。

MarkLogicによる機能強化
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。