360°ビューで、より高速で的確な意思決定を実現

リレーショナルデータベースでは、今日のデータタイプの多くを扱えないため、時間とコストのかかるデータモデリングとETL(抽出、変換、ロード)プロセスが必要です。オペレーショナルデータハブは、構造化/非構造化にかかわらず、全ての保険金請求データの一元的な統合ビューを提供する仮想ファイリングキャビネットです。MarkLogic保険データハブにより、保険会社はデータを簡単に統合できます。これにより、迅速なインサイトの入手、アプリケーションの提供時間の短縮、開発コストの削減など、その後の工程にメリットをもたらします。

すべての構造化/非構造化データソースのマルチモデルサポート、セマンティック検索、エンタープライズ仕様のセキュリティを提供する革新的なテクノロジーにより、効率的でアジャイルなデータ管理が実現され、価値創出までの時間が6倍スピードアップされます。保険会社は自社の保険金請求データを360°ビューで把握し、迅速で正確な意思決定を下すことが可能になります。

Insurance 360 – Global Research Report

The Current State of Big Data-Driven Transformation in the Insurance Industry

A fascinating insight into the key big data management challenges experienced by insurance organizations and the opportunities for optimizing the integration and use of big data assets for improved insights leading to faster, more accurate decision making.

今すぐ、ダウンロード

insurance-360-research-report-600

関連リソース

保険金請求処理の変革

保険金請求処理の劇的な改善は、保険業界に変革をもたらします。このブログでは、保険請求プロセスの変革において、データドリブンのデジタルトランスフォーメーションへの対応がどれほど重要であるかを説明しています。

ブログを読む

保険金請求を合理化して保険金詐欺を発見

保険会社は、不正の検出率を向上させるために多額の費用を投じていますが、その取り組みが費用に見合わないことも少なくありません。高速で低コストの、アジャイルな不正検出アプローチをご紹介します。

ビデオを見る

クラウドで保険データハブをスタート

データを活用した保険金請求管理の変革は、顧客体験を向上させるとともに、不正発生率を低減させるための鍵でもあります。保険データハブで、データの360°ビューのメリットを体感してください。

まずは始めてみましょう

2017-12-08

主要機能とメリットの理解

NoSQLデータベースに関してこれまで見聞した知識を一旦すべて忘れ、MarkLogicの独自性について考えてみましょう。包括的な機能リストを利用して、MarkLogicのメリットを活用しましょう。

MarkLogicのすべての機能を詳しく見る 専門家に問い合わせる

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。