保険会社が必要としているのは、顧客、運用、リスク評価などの各分野の業務の全体像を把握することです。

MarkLogicの革新的な技術は、ビジネスの妨げとなるようなデータサイロに終止符を打つことで、組織全体に存在するすべての情報の価値を解放し、コンプライアンス、リスク管理、市場へのインサイトを強化し、優れた顧客体験を実現します。MarkLogicの次世代データベースにより、保険会社はビジネスの成長を促進するアジャイルな運用とコスト削減を達成しようとしています。

「MarkLogicのアジャイル性、統合検索、エンタープライズ機能によって、最も要求の高いお客様にもグローバルなスケールで対応できます。結果として、顧客体験やお客様自身によるリスクプロファイルの最適化が大幅に改善されました」

保険 360 ー グローバル調査レポート

保険業界におけるビッグデータドリブンの変革の現状

ビッグデータの管理に関して保険会社が直面する主な課題と、ビッグデータ資産の統合と使用を最適化して企業全体の顧客インサイトと業績を改善する機会に関する興味深い知見をご紹介します。

今すぐ、ダウンロード

保険-360-調査レポート-600
緑の円形迷路
保険金請求データをアクションに繋がる知見に変える

360°ビューで、より高速で的確な意思決定を実現

保険金請求処理における劇的な改善は、保険業界に変革をもたらします。データハブ技術によって保険金請求をより効率的で迅速、かつ正確に管理する方法をご紹介します。

詳しく見る

デジタルトランスフォーメーション

セマンティックデータハブによるデータの課題の克服

MarkLogicとウィプロは、保険業界特有のデータに関する課題に対する最新のアプローチは何か、セマンティックデータハブによって保険会社がどのようにビジネスインテリジェンスとよりスマートなアプリケーションを構築できるかを探求しています。

詳細はこちら

顧客中心のデータ統合

ソーシャルメディアなどのデジタルチャネルを活用して、顧客の嗜好への対応、データプライバシーの保護、新製品によるイノベーションを実現し、組織がリスクにさらされないようにします。

ブログを読む

45 日間で保険データハブを稼働

お客様独自の保険データハブをクラウドに素早く簡単に構築し、デジタルトランスフォーメーションを加速するために、MarkLogicにどのようなお手伝いができるかをご紹介します。

今すぐ、ダウンロード

現在のモスクワの鳥瞰図
エンタープライズ向けの最新技術

クラウドでリスク軽減とプロセスの改善を実現したハノーバー再保険

ハノーバー再保険では、リレーショナルソリューションとオープンソースソリューションを検討した結果、分析アプリケーションのhr | ReFlex用のクラウドベースのデータベースとストレージレイヤーとしてMarkLogicを選びました。最適なレベルのセキュリティ、拡張性、可用性を備えた保険アプリケーションを顧客情報の360°ビューでどのように迅速に評価できるかについてご覧ください。

ケーススタディを読む

カスタマー360 – 既存データから価値を引き出す

データハブ技術による顧客エンゲージメントの変革

顧客エンゲージメントと満足度を維持しながらコストを削減するのは思っているよりも簡単です。すぐ使用することができる、統合された360°カスタマービューで、リスクを低減し、クライアントとの関係を維持し、業務効率を向上することができます。

方法を確認する

カスタマー360保険

イノベーションで優位性を実現

レガシーメインフレーム、データウェアハウス、ポイントソリューションでは、デジタル変革の取り組みが台無しになる可能性があります。合併や買収によりインフラストラクチャが複雑化すると、さらに時間とコストがかかります。

エリー・インシュアランスが、複雑なデータ統合の主要課題を克服し、コスト削減して、市場での優位性を革新するための新たなアプローチをどのように発見したかについてご覧ください。

ビデオサムネイル、ソリューション、保険業界

保険会社が価値創出時間をどのようにして6倍も改善できたか

MarkLogicは、ITの最新化に取り組んでいるフォーチュン500社の保険会社の「概念実証」に参加しました。この業界トップの保険会社では、既存のレガシーRDBMS(リレーショナルデータベース管理ソリューション)を使用したアプリケーションの提供に苦慮していたため、MarkLogicと他社製品と突き合わせてテストしました。結果は言うまでもありません。

インフォグラフィックを確認する

スマートで簡単に:GRCを容易に実現

最新のソリューションで最新データに対応

従来の技術は、ますます複雑になる現在のGRC(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)に対応できるように設計されていません。MarkLogicでは、あらゆる問題に対応したアジャイルでセキュアな最新の問題解決機能を用意しています。

規制順守とMarkLogicについて詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。