データハブを使用してさらに厳しくなる規制要件に対応する

デジタル規制の未来はすぐそこまで来ています。それにより、リアルタイムの報告、コストの削減、透明性の向上を目指した、金融機関と規制当局間のデータ統合に対する期待がさらに高まっています。

デジタル技術を活用している規制当局は現在、RegTech(ストレートスループロセッシング)の課題に取り組んでおり、一部は既に、機械可読な規制が自動的に企業に適用される「定量的規制」を進めています。最終的には、規制当局と企業間に完全に自動化されたデジタルインターフェイスを構築し、規制データのストレートスループロセッシング(RegSTP)を実現します。規制要件および規制に準じたアクションの量と複雑さが増している中で、データ統合機能の大幅な改善が見られず、金融機関と規制当局はその対応に苦慮しています。

デジタル規制順守に対応するMarkLogicデータハブは、現在のレポートの義務に対応するだけでなく、デジタル規制に関連する将来のデータ統合要件にもより効果的に対処できるアジリティを備えています。

デジタル規制の準備はできていますか?

デジタル規制がビジネスに与える意味を理解する

このビデオでは、重要な規制上の課題が金融機関にどのように影響を与え続けるのか、そしてデータ戦略とエンタープライズアーキテクチャへの影響について、JWGとMarkLogicが議論しています。

ビデオを見る

規制順守のアプローチを再考する

グローバルな金融規制の変化の加速化と複雑化、およびデータ戦略への影響を調査したレポート

レポートを入手する

規制データ戦略を評価する

資本市場の専門家が、将来の規制に取り組むために、適切なデータ戦略を導入する方法について議論するのをお聞きください

ウェビナーを見る

効果的なガバナンス、リスク、コンプライアンス

規制のデジタル化が進むにつれて、コンプライアンスに関する意思決定と対応力を促進するために、データに関するより多くのコンテキストが必要になるため、統合とガバナンスの重要性が高まっています。ポイントソリューションではなく、サイロ全体を「見る」ことができるシングルプラットフォームにデータを統合することを検討してください。

詳細はこちら

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。