お客様、取引、リサーチデータに関する迅速な360°のインサイト

ますます複雑になる金融サービス市場においても、MarkLogicのオペレーショナルかつトランザクショナルなデータプラットフォームがあれば、変化するビジネスニーズと規制の複雑な問題に対応し、カスタマーエクスペリエンスを向上させられます。

MarkLogicの革新的な技術により、最小限の中断でデータサイロを統合し、安全な運用、正確な報告、データのライフサイクルにわたる分析をサポートできます。その結果、ビジネスの透明性と俊敏性をリアルタイムで向上できます。

お客様成功事例のご紹介

ノーザン・トラストはMarkLogicとクラウドをベースとする現代的なインフラストラクチャで成長を加速

ケーススタディを見る

ABNアムロが膨大なデータを中央のオペレーショナルトレードストアに統合

ケーススタディを見る

クレディ・スイスがデータの安全な管理にMarkLogicを活用

ビデオを見る

「取引データの扱いは非常に難しいことから、MarkLogicを選びました」

「銀行は、変化する規制要件に迅速に対応できなければなりません。一方、ご存じのとおり取引データをリレーショナルデータベースで管理することは非常に難しい。それがMarkLogicを選んだ理由です。MarkLogicのマルチモデルデータベースの幅広さと、セキュリティやACIDトランザクションなどの関連機能は納得のいくものでした」

業界をリードする経験と実績

世界で最も革新的な金融機関が選ぶ製品

金融機関との豊富な経験と高いスキルを備えた技術エンジニアとコンサルタントが連携して、お客様の組織のデータの課題の解決策を提供し、すべての問題点を解決します。

  • アジャイル – 柔軟性と拡張性が非常に高いデータ統合アプローチにより結果が出るまでの時間を短縮
  • 高い信頼性 – 業界で最もセキュアなNoSQLデータベース
  • 確かな実績 – 世界の大手金融機関によって使用されて、ミッションクリティカルなエンタープライズソリューションを短時間かつ低コストで実現
ソリューション、金融サービス600

お客様とプロセスの変革を加速

現在、世界中の金融サービス企業が、オペレーションを最適化し、リスクとコンプライアンスの管理を強化し、顧客エンゲージメントを向上させ、市場シェアを拡大するために、旧来のビジネスを変革しなければならないという、高まり続ける圧力に直面しています。世界中の大手金融サービス企業がMarkLogicを信頼する理由と、私たちのデータハブが御社のデータ管理を強化し、業績を高める仕組みについて、ぜひご確認ください。

詳細はこちら

取引の透明化

MiFID II、BCBS 239、CCARなどの複雑な規制要件に取り組んでいる最中でも、次の規制に備える場合でも、取引後処理とレポートに対応するMarkLogicのデータハブは多様に構造化された複雑なデータや非構造化データを簡単に組み合わせ、時間や場所を問わずデータを安全に扱うことができます。これにより、データのライフサイクル全体の透明性の確保、取引実行のモニタリングの改善、リスクの低減、コンプライアンスの保証を実現することができます。

詳細はこちら

 

ソリューション、金融サービスB 600
コンピュータコーディングタームを使用したBlule scales

デジタル規制の未来に対応

デジタル規制レポートに対応するMarkLogicデータハブは、規制に準じたアクションの量と複雑さが増している中で、現在のレポートの義務に対応するだけでなく、将来の統合の要件にもより効果的に対処できるアジャイル性を備えています。

詳細はこちら

 

投資の競争力を獲得する

投資調査を購入、販売、使用する世界中の金融機関は、競合他社のパフォーマンスを上回るために、インサイトを差別化し、調査データの品質を向上するという課題に取り組んでいます。MarkLogic投資調査データハブを使用すると、調査ライフサイクル全体を通じてコンテンツへのアクセスを制御するとともに、差別化されたインサイトと新たな投資商品で業務を合理化し、市場投入までの時間を短縮できます。

詳細はこちら

トレーディングデスクで株式市場のデータを分析する女性

業界における賞と認知

MarkLogicは、テクノロジとデータの大手管理団体から、お客さまを成功に導く業界別ソリューションを提供していることを評価されました。詳細については以下のリンクをクリックしてください。

データハブとクラウドサービス

MarkLogicデータハブサービス

MarkLogicデータハブサービスは、サイロ化したデータを統合するための、完全に自動化されたクラウドサービスです。MarkLogicのデータハブをベースとしているため、運用と分析の両方を目的として、アジャイルチームがデータの統合とキュレーションをすぐに開始できます。クラウドサービスとして提供されるため、オンデマンドで容量を即座に追加できるほか、自動拡張、データベースの自動運用が可能で、実績あるエンタープライズデータセキュリティを確立できます。他のクラウドサービスと違って費用対効果に優れており、エンタープライズワークロードの変動に合わせて予測可能です。

発表資料を読む 価格を見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。