データを活用することよりも、データの処理に多くの時間を費やしている企業の話は何度も耳にしています。それに対する解決方法は明らかに「データの統合」ですが、レガシーシステムではデータ統合にコストと時間がかかります。実際、企業のデータ統合に、一般的なIT部門の予算の60%もが費やされています。それでも、ビジネスの運用および分析のニーズには十分に対応しきれていないのが現状です。

MarkLogicによって強化されたODH(オペレーショナルデータハブ)パターンが、このようなニーズとのギャップを解消します。ガバナンス、トラッキング、アクセスをよりシンプルで効果的にします。

「データがこんなに積み重なってしまい、出所がわかりません。作成者もおそらく辞めているのでしょう。すべて消してしまいたいくらいです...」

MarkLogicデータハブフレームワークでODHを構築

無料のMarkLogicデータハブフレームワークを使ってオペレーショナルデータハブを迅速かつ簡単に構築できます。

自分自身の目で確かめる

2つのデータ機能の話

「業務を把握するため」のデータと「業務遂行のため」のデータをうまく連携しようとすると最悪です。リアルタイムのデータと履歴データという2つの機能によってアーキテクチャが複雑になり、コストや時間、労力が無駄にかかり、2つのデータセットを統合することは困難でした。しかし、ODHによって解決できました。

運用データハブ:内容と発生理由

MarkLogicの運用データハブパターンについてのブログの冒頭をご確認ください。運用データハブ(ODH)が発生した理由と、組織がそれを使用している理由、さらにはそれが企業のETLと関連するデータ統合での課題にどのように対応しているかをご確認ください。

稼働中のオペレーショナルデータハブ

実例をお探しですか?代替のアプローチの比較検討など、さまざまな業種の問題解決の観点から、MarkLogicのソリューションディレクターのDamon Feldman博士が、オペレーショナルデータハブのパターンについて詳しく説明します。

ODH:置き換えではなく再生する

ODHでは、SOA(および同様のパターン)やEDWと共存することで、複雑な変換と面倒なガバナンス対応に基づき、ニーズに対応できない肥大化した統合アプローチを劇的に簡素化し、コストを大幅に削減します。

詳細はこちら

脳の図(600x600)

信じるだけではなく、体験してください


大手の医療機関がODHをどのように活用してビジネスを成功させているかについてご覧ください。


エリー・インシュアランスがODHで新たなアプローチをどのように採用し、競合他社の先を行っているかについて、ご覧ください。

ODHカバー画像

オペレーショナルデータハブの紹介

アーキテクトは、データ統合に伴って発生する問題に頭を悩ませています。急速に変化するビジネスニーズを満たすとともにデータ管理の課題を解決するために、オペレーショナルデータハブ(ODH)が必要な理由をご確認ください。

eBookをダウンロードする

ガートナーODBMS 2018のプロモーション

2018年版ガートナー マジック・クアドラントODBMSチャレンジャー  

3年連続で、MarkLogicは、実行能力ならびにビジョンの完全性に関してチャレンジャー・クアドラントの最上位に位置づけられました。

レポートをダウンロードする

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。