メインフレームアーキテクチャは、長年にわたり、アーカイブ、トランザクション、SoRに対する組織のニーズに対処してきました。一方、これらのシステムの保守にかかるコストは増加し続けており(毎年10~15%)、現在の最新のデータアプリケーションと、増大するデータボリュームに対応するのに十分な俊敏性はありません。

メインフレームの問題を解決する必要性はおわかりでしょう。しかしこれまで、納得できる選択肢に出会えなかったのです。確かに、SQLはメインフレームよりも俊敏性がありますが、固定スキーマに依存することで、データがロックされ、無限のETLサイクルが必要になります。さらに、増加するデータボリュームに対応する弾力的な拡張性もないため、決断できずにいるのです。

これ以上遅らせることはできません。軌道修正する道はまだ残されています。MarkLogicのオペレーショナルかつトランザクショナルなエンタープライズNoSQLソリューションによって、メインフレームからNoSQLに移行し、信頼性、パフォーマンス、セキュリティを犠牲にすることなく、お客様が必要とする柔軟性とコスト削減を実現できるのです。

メインフレームからNoSQLへの道 | 3:02
ホワイトボードのサムネイル

メインフレーム所有者の92%が、メインフレームソリューションからの脱却の必要性を理解しています。

すべてのNoSQLが等しく作られているわけではない

確かに、NoSQLの柔軟性により、RDBMSに伴うデータモデリングとETLに関する悩みを減らすことができます。しかし、メインフレームには最も重要なデータが保存されており、最も重要なアプリケーションも稼動しているため、レガシーアプリケーションを置き換えるか、メインフレームからデータを完全に移行するかに関係なく、必要なすべてのエンタープライズ機能を提供するプラットフォームが必要になります。でも、心配することはありません。MarkLogicでは、以下のような機能にすべて対応しています。

制限のないクラウド移行

メインフレームから脱却する大きな理由の1つは、クラウドへの移行を可能にすることです。しかし、テクノロジーやライセンスの問題に縛られないようにするには、賢明な判断が必要です。このブログ投稿では、クラウドの中立性を確保するために、CIOが計画すべき5つのことについて説明します。

ブログの投稿を読む

エンタープライズメインフレームからNoSQL Bw 2 600
縦長のサーバーの2つの列の図

最新化ですか?それとも移行ですか?

これは二者択一であると、多くの人が信じているでしょう。しかし柔軟なエンタープライズグレードのNoSQLテクノロジーがあれば、メインフレームや他のデータサイロから統合したデータに基づいて、新しいアプリケーションに対する組織のニーズに対応し、保守が困難な高価なメインフレームプラットフォームから最終的にデータを移行するための基盤を構築できます。

MarkLogicがお手伝いをします

Intelとのパートナーシップ

MarkLogicとIntelは、自信を持って移行に取り組むことができる、強力なパートナーシップを構築してきました。Intel Xeonプロセッサで稼動するMarkLogicでメインフレームからどのように脱却できるかについて、ご覧ください。

情報シート | すべての業種
IT担当役員が自社のメインフレームシステムに関して最も懸念している問題は何でしょうか。 新世代のデータベースを導入した最新システムに何を期待しているのでしょうか。
ホワイトペーパー | すべての業種
メインフレームはコストがかかり、管理も労力を必要とします。MarkLogicとIntelのデータ向けソリューションに移行するメリットをぜひご確認ください。
マルチメディア | すべての業種
メインフレームの階層的データモデルからMarkLogicのドキュメントデータモデルに移行することで、より大きな価値がどのようにもたらされるかについてご覧ください。
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。