別のポイントソリューションは不要です。必要なのはデータプラットフォームです。

GDPR(EU一般データ保護規則)に準拠することは、別のポイントソリューションが必要になることではありません。重要なのは、チャネルやサイロに関係なく、すべての顧客データを統合することであり、これには、完全に異なるアプローチが必要になります。

MarkLogicのアプローチでは、データ、コンテンツ、メタデータのサイロを簡単に統合して管理できます。MarkLogicのプラットフォームでは、「何でもクエリ可能」な検索とセマンティック機能により、コンテンツプロバイダにとって重要な、ターゲットを絞った豊富なユーザー体験を提供することができます。

アジャイルなMarkLogicプラットフォームでは、セキュアなオペレーションや、データのライフサイクル全体の正確なレポートと分析のサポートにより、GDPR規制への対応を可能にします。また、プラットフォームの柔軟性は、変化(将来の規制を含む)に容易に適応し、これまでにないほど迅速にイノベーションを実現できます。

さらに詳しく見る

MarkLogicのデータプラットフォームはGDPRの課題を解決できる

GDPRコンプライアンスを達成するための主要課題の概要、それらの課題を克服する方法のステップバイステップのガイド、コンプライアンスの取り組みをバリュー・プロポジションに活用する方法について、説明します。

ステップバイステップガイド

 

GDPRの目標を達成する

GDPRとその先

同意管理

組織全体でサイロに分断されたシステムでは、同意に関する最新情報を入手することは困難になるか、不可能です。データハブがあれば、分散されたデータを統合することで、このような頭痛の種を減らすことができます。

ガバナンスと出自

EU GDPRのコンテキストにおけるガバナンスとは何でしょうか?ガバナンスで必要とされるのは、データサイロを統合し、運用データとトランザクションデータを集約して、絶えず進化し続ける規制ルールに迅速に対応することです。

ビジネスイノベーションを強化

規制に関する報告を処理することは悩みの種ですが、良い面もあります。規制報告に関するすべてのデータが統合されれば、イノベーションを効果的に実現し、競争を勝ち抜く絶好のチャンスになります。

 

「失った」データは本当に失われたのでしょうか?

「私の個人情報を削除してくれ」 - この短い言葉は、個人情報責任者を心底怖がらせます。

続きを読む

MarkLogicを用いてどのように統制するか

ガバナンスフレームワーク

リスクを軽減し、業務の意思決定を容易にして整合性を向上するために、データレベルとシステムレベルでガバナンスを確立する新たなアプローチについてご確認ください。

きめ細かな認証とリダクション

消費者のプライバシーに関する法律では、規制する側の立場で消費者を捉えています。このような状況を確実に管理する唯一の方法は、データをきめ細やかに管理することです。

MarkLogicの限界点はまだまだ見えません。

Michael Henry氏 | KPMG

エンタープライズ向けに、豊富な機能と開発を支援

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。