ガートナーのクラウドDBMSレポートにおいてMarkLogicがビジョナリーに

メインフレームは今でも多くの企業で重要な役割を果たしており、ミッションクリティカルなアプリケーションを支えていることも多いです。しかし、維持コストの増加、メインフレーム技術者の減少といった問題があるだけでなく、ビジネスユーザーはメインフレーム上のデータへのアクセスに時間がかかることに不満を募らせています。こうした問題に対処するために、メインフレームの移行や廃止が検討される場合もあります。しかし、その計画には数か月どころか数年はかかるでしょう。

メインフレームデータの活用を、そんなに長い間待っていられる余裕はないはずです。

詳細はこちら

メインフレームデータの活用

データセンター

課題:
ITの複雑さの軽減、現在または将来のクラウド移行計画、IoTやAIなどの新技術の活用を実現しながらメインフレームを継続して運用し、変わり続ける業務要件に対応する必要があります。

解決策:
メインフレームデータをスピーディに解放できるデータプラットフォーム。データを「そのまま」読み込み、キュレーションし、セキュリティとガバナンスを適用するプラットフォーム。現代的なアプリケーションとビジネスユーザーがメインフレームデータにアクセスできるプラットフォーム。

クラウドへのカーテンを開くビジネス関係者

メインフレームの移行先としてクラウドは検討していますか?

企業には昔からのインフラがさまざまな存在しています。こういったインフラをすべて廃止してクラウドに移行するのは現実的ではありません。

以下のブログで、最初に考慮すべきポイントをご紹介しています。

ブログを読む

メインフレームのウェビナーの画像

ソニーロゴ

お客様事例:ソニーにおけるメインフレーム移行

ソニー・ピクチャーズ テレビジョンが使用していた旧来のメインフレームシステムは、ますます複雑になりメンテナンスが困難になっていました。同社がMarkLogicによって、セールス期間の短縮、収益増加、コスト削減を実現した事例をご覧ください。

ソニーの事例を見る

メインフレームデータの解放

データセンターで作業する男性

最新データプラットフォームへのデータ移行は、メインフレームの管理より簡単でないと意味がない

  • スピード感が大事です。数年ではなく数週間でデータを移行します。
  • 業務に求められるエンタープライズ機能を備えた堅牢なプラットフォーム。
  • プロセスをシンプルにする、実績のあるツール。

ポッドキャストを聴く

緑の芝生と青い空の下にサーバーが並ぶデータセンター

メインフレームデータを他でも活用

ビジネスユーザーは、すぐにでもメインフレームデータと別ソースのデータを統合したいと考えています。

MarkLogicなら、数年ではなくわずか数週間でこれを実現します。

メインフレームからデータを移行することでカスタマーエクスペリエンスを改善した、ウッドメンライフ社の事例をご覧ください。

メインフレームデータで新たなビジネスチャンスを発掘

メインフレームデータ活用により、どのような全社的成果を実現できるのか

保険のアイコンC 1200

アジャイル性が向上

ある大手健康保険会社では、社員データの全体像を実現するために、企業全体の数百か所に分散しているデータを統合する人事管理ハブが必要でした。

上位5社の健康保険会社
お客様事例を紹介したMLTVのビデオ

保険のアイコン1200

コスト削減

大手保険会社がデータ統合の課題を解決して時間とコストを削減し、他社に先駆けてイノベーションを実現しました。

大手保険会社の事例ビデオを見る

ライブデモのお申し込み

MarkLogicによる、迅速なデータ統合、コスト削減、安全なデータ共有についてご紹介します。

今すぐ登録

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。