デジタル変革とは、すべてのデータ生成アクティビティを簡単に活用できるように、基盤となるビジネスプロセスを変更することです。これには、分断されたすべてのデータを単一のアジャイルプラットフォームに統合可能にする、データセントリックのインフラストラクチャが必要です。

MarkLogicを活用しましょう。MarkLogicのエンタープライズNoSQLデータベースでは、「何でもクエリ可能」な検索とセマンティック機能、エンタープライズ機能、正確なレポートにより、変化に簡単に適応し、これまでになく迅速にイノベーションを実現できます。

MarkLogicを活用した、保険業界におけるデジタル変革

「私たちが必要としていたのは、従来のリレーショナルシステムよりも柔軟で簡単に拡張でき、標準装備のセキュリティ機能でトランザクションを処理し、現在のオペレーショナルモデルに対応するACID準拠のシステムでした」

Brian Novacek氏 | エリー保険

デジタル変革は、データを格納するだけではありません

デジタル変革は、データを格納するだけでなく、情報に基づいたビジネスにおける適切でより迅速な意思決定を可能にします。真のデジタル変革により、関連するコンテンツを、いつでもどこでも必要なときにユーザーに提供することができます。

競争力を維持し、将来を見据えたビジネスを展開し続けるには、カスタマーエンゲージメントを維持するスマートな取り組みが必要です。そのためには、無数のデータソースからデータを迅速に取得、格納し、管理、分散、セグメント化する必要があります。

詳細はこちら

地平線から光が差し込む地球の図
360°ビューのエンゲージメント

お客様を困らせるのではなく、お客様に喜んでもらうには、ビジネスの中断を最小限に抑えながら、お客様の嗜好に関する情報を取得できるデータベースプラットフォームが必要です。カスタマーセントリックのメリットをどのように得ることができるかについてご確認ください。

将来を見据えた企業を実現

今日構築するプラットフォームは、明日のニーズを満たすものでなくてはなりません。必要となるのは、どこにでも導入可能で、あらゆるタイプのデータを処理し、最も堅牢なセキュリティを利用できるようにする柔軟なプラットフォームです。

1つのオペレーショナルデータハブですべての企業に対応

サイロを破壊する

従来型のメインフレーム、データウェアハウス、「ポイントソリューション」では、デジタル変革の取り組みが台無しになる可能性があります。合併やインフラストラクチャの変更を考慮すると、時間とお金を投げ捨てるようなものです。

エリー・インシュアランスがMarkLogicのオペレーショナルデータハブをどのように活用して、変化に迅速に対応しているかについてご覧ください。

インフラストラクチャを簡素化

簡素化はMarkLogicの機能の要です。データサイロを統合して情報を一元化し、マルチモデルデータベースでコンテンツを簡単かつ効率的に検出して配信します。

ピアソンがMarkLogicを活用してインフラストラクチャをどのように変革して簡素化しているかについてご覧ください。

ビジネスの成功を後押し

データ統合は、特に時間が限られている場合は至難の業です。成功するかどうかは、適切な情報を適切な場所に適切なタイミングで、効率的に一貫して提供できるかにかかっています。

エトナがオペレーショナルデータハブを利用してビジネスの課題をどのように克服したかについてご覧ください。

ソリューションODH(600x600)

オペレーショナルデータハブでデジタル変革を始める

現在のデータドリブンの経済では、データファーストのアーキテクチャで情報を適切に活用する必要があります。企業とデータセントリックなアーキテクチャを統合することで、データの価値が向上します。アジャイルなアーキテクチャで変化への対応を強化できます。

詳細はこちら

MarkLogicによる機能強化

エンタープライズ向けに、豊富な機能と開発を支援

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。