MarkLogic World 2020 Live Keynote – Register Now

リレーショナルデータベースでは、今日のデータタイプの多くを扱えないため、時間とコストのかかるデータモデリングとETL(抽出、変換、ロード)プロセスが必要です。オペレーショナルデータハブは、構造化/非構造化にかかわらず、全ての保険金請求データの一元的な統合ビューを提供する仮想ファイリングキャビネットです。MarkLogic保険データハブにより、保険会社はデータを簡単に統合できます。これにより、迅速なインサイトの入手、アプリケーションの提供時間の短縮、開発コストの削減など、その後の工程にメリットをもたらします。

すべての構造化/非構造化データソースのマルチモデルサポート、セマンティック検索、エンタープライズ仕様のセキュリティを提供する革新的なテクノロジーにより、効率的でアジャイルなデータ管理が実現され、価値創出までの時間が6倍スピードアップされます。保険会社は自社の保険金請求データを360°ビューで把握し、迅速で正確な意思決定を下すことが可能になります。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。