Join us May 20-21 for MarkLogic World 2020 in Chicago

MarkLogicとリレーショナルのプロジェクトとのアプローチの違い

これまでのプロジェクトにおいて、スキーマ設計やETL移行に時間や予算を使い過ぎ、顧客が我慢できなくなる限界までいった経験はありませんか。これらの作業にはビジネス的な価値はありませんが、リレーショナル技術では避けられません。

MarkLogicのプロジェクトではこれらの作業を大幅に削減でき、場合によっては全くやらなくて済みます。担当者やチームは、ビジネス価値が高い機能や処理の提供をすぐに開始できます。
「アジャイルでの提供」というプレッシャーがある現在において、このような「価値創出時間の短縮」はMarkLogicプロジェクトの重要な差別化要因の1つです。

リレーショナルのプロジェクトとのアプローチの違いやチーム内の役割分担、そしてMarkLogic導入プロジェクトをどのように進めるべきか、具体的、かつ詳細に紹介しています。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。