Join us May 20-21 for MarkLogic World 2020 in Chicago
本レポートは、MarkLogic とResearch in Insurance が2019 年に実施した国際的な調査の結果とインサイトをまとめたものです。

本調査の目的は、ビッグデータの管理に関して保険会社が直面する主な課題を特定すること、およびビッグデータ資産の統合と活用を最適化して企業全体の顧客インサイトと業績を改善する機会を把握することです。

この調査の中で、複数の分断されたソースからデータを抽出し、これを活用して効率性向上や料率設定、アンダーライティング、保険金請求などあらゆる分野におけるカスタマーエクスペリエンスを改善しようとする際に、保険会社が抱える極めて大きな問題を明らかにしています。

【Research in Insurance(Rii)調査概要】

  1. 定性的段階
    グローバルのデータディレクター、CIO、保険金請求ディレクター、アンダーライティングディレクターに対する電話あるいは対面式の調査。合計23項目からなる詳細なインタビューが行われました。内訳は次の通りです。
    • 12項目は、最終的なデータ管理責任者(グローバルのデータディレクター、CTO、CIO、CDOなど)用
    • 6項目は、保険金請求担当ディレクター(保険金請求処理部門の上級意思決定者を含む)用
    • 5項目は、アンダーライティング/リスクディレクター(チーフアンダーライティングオフィサーやアンダーライティング/リスク管理における上級意思決定者を含む)用
  2. 定量的段階
    オンライン調査を行い、保険会社内の保険金請求、アンダーライティング、データ、リスク管理、顧客管理部門で働く188人から回答を得ています。内訳は次の通りです。
    • アンダーライティング/リスク:72
    • 保険金請求:71
    • データ(データ処理/データ技術/データアーキテクチャ):40
    • 顧客管理:5

地理的な内訳:

  • 北米 51%
  • EMEA 35%
  • グローバル(全地域)16%
  • APAC 3%
  • LATAM 1%

Fill out the form below to access this resource.

You only need to do this once.

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。