Important Update – MarkLogic World 2020


Title: Solving New Data Challenges With MarkLogic

講演者: MarkLogic セールスエンジニアリング、 プリンシパル・セールス・エンジニア クリス・デイ
Presenter: Chris Day, Principal Sales Engineer, Sales Engineering, MarkLogic

リレーショナルのスキーマを設計することや、オブジェクト関係マッピングやETLのバッチ処理など、データの本来の姿を見失ってしまう技術的な課題に、集中してしまうことは簡単です。映画『マトリックス』では、モーフィアスがネオに機械の支配から意識を自由にする薬を渡し、本来は何ができるのかを示します。今日の私たちは同様の選択ができます。データ統合の新しい手法を取り込み、過去からの制約を超えることができるのです。マトリックスの世界から脱するために、MarkLogicを使うとどのように見方を変えることができるかをご紹介します。データ統合の見方が変わることは間違いありません。
It’s easy to be so focused on the technical challenges of relational schema design, object-relational mapping, and batch ETL that we become blind to the true reality of our data. In the movie The Matrix, Morpheus offers Neo a pill to free his mind from the tyranny of the machines and show him what’s really possible. Today, we have that same choice—to embrace a new approach to data integration that breaks through the limitations of the past. It’s time to escape the Matrix and learn how MarkLogic’s capabilities enable you to think differently about your data. You’ll never think of data integration the same way again.

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。