MarkLogic World 2020 Live Keynote – Register Now

リソース

さらに詳しく知りたい場合

この75+ページの電子書籍(日本語版)は、データハブの構築および利用に関する、最も信頼できるガイドブックです。さまざなま業界における実際の使用例もご紹介します。
This webinar will explore how leading Fortune 500 companies are using the MarkLogic Data Hub to integrate their data faster, with lower cost and less risk.
データセキュリティは、組織の最優先事項であり、DevOpsとセキュリティの専門家が心配しなくてはならない戦術上の詳細事項は山のようにあります。一方で、CIO、アーキテクト、ビジネスリーダーは戦略レベルで何に注目すべきでしょうか?
リソースの絞り込み
本動画は、全2回のシリーズで構成されています。 Part1では、MarkLogicデータハブを使ったデータ統合のプロセスについて、デモンストレーションを交えながら解説しています。
本動画は、全2回のシリーズで構成されています。 Part1では、MarkLogicデータハブを使ったデータ統合のプロセスについて、デモンストレーションを交えながら解説しています。
この90ページの電子書籍(日本語版)は、データハブの構築および利用に関する、最も信頼できるガイドブックです。さまざなま業界における実際の使用例もご紹介します。
人材は企業の最も重要な資産です。人材活用は企業経営に革新と成長をもたらす柱の1つであり、企業は従業員と経営両面からのニーズに迅速に対応する必要があります。にも関わらず、なぜ人事データの活用ができていないのでしょうか?
MarkLogicの実装方法はかなり分かりやすいものですが、従来のリレーショナルとの手法と大きく異なる部分がいくつかあります。本ガイドでは、MarkLogicプロジェクトの組み立て方、適切な役割(ロール)の特定、成功のために既存のチームに求められることについて詳細に説明していきます。
10/11開催・MLW Tokyo 講演資料とビデオはこちらからダウンロード・閲覧いただけます。 *承認済の資料のみ公開
保険業界の旧来のITシステムや非効率的なプロセスが成長を阻害 保険会社の90%において 顧客データの全体像をワンストップで把握できていないことが調査で明らかに
保険業界向け データハブ クイックスタートガイド
規制違反により多大な罰金や訴訟が起こりうる現代において、データベースは中心的な「SoR(System of Record)」の役割を担うべきです。しかし従来のデータベースでは、過去の履歴を完全に記録できません。過去を完全かつ正確に把握できるのは、バイテンポラル機能を持つデータベースだけです。これにより「何を知っていたのか」および「いつ知ったのか」がはっきりわかります。
データは、ビジネスを継続するための通貨のようなものです。データはトランザクション、ドキュメント、顧客情報からの出力であり、インサイト、製品、顧客ロイヤルティのための入力でもあります。MarkLogicプラットフォームを使ってデータを解放しましょう。
最初は一元管理の記録システムでデータを安全に保護していたはずが、いつの間にか管理も制御もされていないサイロでデータが危険にさらされているケースがあまりにも多すぎます。
データの価値は、データを真に理解して初めて引き出すことができます。データを理解するにはメタデータを利用する必要がありますが、メタデータは通常、サイロに閉じ込められ、その真の価値は認識されていません。このホワイトペーパーでは、メタデータの価値を引き出す方法ならびにMarkLogicデータベースによるスマートなメタデータ管理(データモデリング/アーキテクチャ)を紹介します。
「データを活用している時間よりもデータの扱いに苦心している時間のほうが長い」というのはよくある話です。通常、IT予算の60%は、エンタープライズデータの統合(ハードウェアの購入、ソフトウェアスタックの拡張、面倒な保守)に費やされています。クラウドで提供されるMarkLogicデータハブサービスは、データ統合をシンプルにし、読み込み、キュレーション、統合済みデータの提供を行います。
アジャイルなMarkLogicプラットフォームを活用するインダストリー4.0の組織は、データのライフサイクル全体で、セキュアな運用と正確なレポート・分析を実現しています。変化に簡単に対応でき、迅速にイノベーションを実現できるだけでなく、データをインダストリアライズして将来のための貴重な資産に変えています。
大手メディアやエンターテイメント企業は、新しいアプローチとしてMarkLogicの映画・テレビ製作向けオペレーショナルデータハブソリューションを利用しています。このデータハブは、サイロの解消、エンタープライズデータの統合、コンテンツの再利用を可能にし、コンテンツの効率的な製作と提供を促進します。
世界中の金融機関において、複雑なデータ問題の解決にMarkLogicが長年利用されています。データ資産の管理、複雑な規制対応、新規商品開発、顧客対応の改善に関して、MarkLogicオペレーショナルデータハブ(ODH)がご利用いただけます。
MarkLogicサーバーは、唯一のエンタープライズNoSQLデータベースです。このホワイトペーパーでは、MarkLogicがどのようにパワフル、アジャイルなのか、また高い信頼を得ている理由を詳しくご紹介しています。
メタデータを活用することで、検索やディスカバリーの改善、規制順守のシンプル化、レポートの正確性と信頼性の改善、より優れたカスタマーサービスなどを実現できます。このホワイトペーパーでは、メタデータ管理におけるMarkLogicの新しいアプローチをご紹介します。
ある会社はMongoDBの導入に失敗しました。MongoDBに拡張性がなく、バックアップや検索ができなかったためです。また大量のサーバーが必要で、データ破損も発生しました。この失敗への解決策としてMarkLogicが採用されました。
サイロ化された必要なデータを統合しマイニングし意味を理解することは極めて困難で、多くの保険会社にとってこれはまだまだ先の課題だと思えるかもしれません。しかし保険業界や他の業界のリーダー組織はこの問題を克服しつつあります。
2017-12-08

主要機能とメリットの理解

NoSQLデータベースに関してこれまで見聞した知識を一旦すべて忘れ、MarkLogicの独自性について考えてみましょう。包括的な機能リストを利用して、MarkLogicのメリットを活用しましょう。

MarkLogicのすべての機能を詳しく見る 専門家に問い合わせる

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。