ガートナーのクラウドDBMSレポートにおいてMarkLogicがビジョナリーに

リソース

さらに詳しく知りたい場合

この 90ページの電子書籍(日本語版)は、データハブの構築および利用に関する、最も信頼できるガイドブックです。さまざなま業界における実際の使用例もご紹介します。
This webinar will explore how leading Fortune 500 companies are using the MarkLogic Data Hub to integrate their data faster, with lower cost and less risk.
データセキュリティは、組織の最優先事項であり、DevOpsとセキュリティの専門家が心配しなくてはならない戦術上の詳細事項は山のようにあります。一方で、CIO、アーキテクト、ビジネスリーダーは戦略レベルで何に注目すべきでしょうか?
リソースの絞り込み
MarkLogicの実装方法はかなり分かりやすいものですが、従来のリレーショナルとの手法と大きく異なる部分がいくつかあります。本ガイドでは、MarkLogicプロジェクトの組み立て方、適切な役割(ロール)の特定、成功のために既存のチームに求められることについて詳細に説明していきます。
保険業界の旧来のITシステムや非効率的なプロセスが成長を阻害 保険会社の90%において 顧客データの全体像をワンストップで把握できていないことが調査で明らかに
規制違反により多大な罰金や訴訟が起こりうる現代において、データベースは中心的な「SoR(System of Record)」の役割を担うべきです。しかし従来のデータベースでは、過去の履歴を完全に記録できません。過去を完全かつ正確に把握できるのは、バイテンポラル機能を持つデータベースだけです。これにより「何を知っていたのか」および「いつ知ったのか」がはっきりわかります。
データの価値は、データを真に理解して初めて引き出すことができます。データを理解するにはメタデータを利用する必要がありますが、メタデータは通常、サイロに閉じ込められ、その真の価値は認識されていません。このホワイトペーパーでは、メタデータの価値を引き出す方法ならびにMarkLogicデータベースによるスマートなメタデータ管理(データモデリング/アーキテクチャ)を紹介します。
メタデータを活用することで、検索やディスカバリーの改善、規制順守のシンプル化、レポートの正確性と信頼性の改善、より優れたカスタマーサービスなどを実現できます。このホワイトペーパーでは、メタデータ管理におけるMarkLogicの新しいアプローチをご紹介します。
ある会社はMongoDBの導入に失敗しました。MongoDBに拡張性がなく、バックアップや検索ができなかったためです。また大量のサーバーが必要で、データ破損も発生しました。この失敗への解決策としてMarkLogicが採用されました。
サイロ化された必要なデータを統合しマイニングし意味を理解することは極めて困難で、多くの保険会社にとってこれはまだまだ先の課題だと思えるかもしれません。しかし保険業界や他の業界のリーダー組織はこの問題を克服しつつあります。
従来の保険会社は動きが速いインシュアテック会社との競争にさらされていますが、デジタルトランスフォーメーションに成功すれば必要な優位性を獲得できます。
ここ数十年においてテクノロジーが急激に進化した結果、ビジネスのやり方もあらゆる局面で変化しました。今日、これまでになかった量のデータが収集されており、巨大かつスマートなアプリケーションが構想されています。では、組織にとって最も重要なアセットであるデータを格納する「データベース」も変化したのでしょうか。
多種多様かつ常に変化を続ける大量のデータを扱うための、新しいデータモデリング手法をご紹介します。
MarkLogic 9には、データ統合、セキュリティ、管理性を向上させる主要な新機能が含まれています。新機能の詳しい情報をぜひ、ご覧ください。
MiFID IIに対応する準備を進めている金融機関の皆様のために、このホワイトペーパーをご用意しました。
MarkLogicデータベースプラットフォームとModelIDRデータポイントモデリングソリューションを組み合わせることで、金融機関が標準化されたデータの全体像を把握できるようになった方法についてご紹介します。リレーショナルデータベースの煩雑なETLとデータモデリングは不要です。
MarkLogicを使うと、サプライチェーン間で分断され、サイロ化されたデータを統合して活用することができます。
これまでのやり方を変える時が来ています。自分たちの組織の目標を達成するに当たって、「このプロジェクトも失敗したITプロジェクトの一つとなるだろう」というアナリストの予言が当たらないようにすべきです。すべてのデータを活用し、想定よりも短期間かつ廉価に目標を達成しましょう。ここで重要なのは、今後取り組むハイリスクかつ重要なデータプロジェクトを成功させるには、適切な技術と心構えによってまず完成形を思い描くことが必要だということです。「変化」は素晴らしいことなのです。
NoSQL データベースは新世代のデータベースであり、市場を大きく広げています。
ドキュメント、データ、そして RDF トリプル(リンクトデータ)を柔軟なアーキテクチャ上で統合することで、情報に基づいたより正しい意思決定、リスク削減、より正確な情報提供を実現できます。
Use the Defense Department's (DoD) data strategy as a blueprint for your agency. Agencies wanting to become more data-centric might look to DoD for ideas. In this free report, you'll learn how to revamp your enterprise data strategies and what lessons you can take from DoD’s approach.
ホワイトペーパー | すべての業種
In this white paper learn how a data hub platform enables IT to deliver a solution that creates a 360-degree view of enterprise data – regardless of source, volume, or data type
MarkLogic Fit and Proof Points for DoD Guiding Principles, Essential Capabilities, and Goals
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。