MarkLogicはSmartlogicと一緒に、よりスマートな意思決定を実現していきます。

リソース

さらに詳しく知りたい場合

この 90ページの電子書籍(日本語版)は、データハブの構築および利用に関する、最も信頼できるガイドブックです。さまざなま業界における実際の使用例もご紹介します。
This webinar will explore how leading Fortune 500 companies are using the MarkLogic Data Hub to integrate their data faster, with lower cost and less risk.
データセキュリティは、組織の最優先事項であり、DevOpsとセキュリティの専門家が心配しなくてはならない戦術上の詳細事項は山のようにあります。一方で、CIO、アーキテクト、ビジネスリーダーは戦略レベルで何に注目すべきでしょうか?
リソースの絞り込み
本動画は、全2回のシリーズで構成されています。Part2では、MarkLogicデータハブ上で統合されたデータに対するアクセス・活用方法について、デモンストレーションを交えながら解説しています。
本動画は、全2回のシリーズで構成されています。 Part1では、MarkLogicデータハブを使ったデータ統合のプロセスについて、デモンストレーションを交えながら解説しています。
10/11開催・MLW Tokyo 講演資料とビデオはこちらからダウンロード・閲覧いただけます。 *承認済の資料のみ公開
昨今、ミッションクリティカルなデータの大半は、旧来からのリレーショナルデータベースに封じ込められています。。。
ダイナミックなデータ活用を実現する、新しいコンテンツ・データ・ストアについて (株)富士通ミッションクリティカルシステムズ 先端ソリューションビジネス推進室 副室長 赤澤範英氏 New Contents Data Store Enables Dynamic Data Usage Norihide Akazawa, Vice Head of Advanced Solutions Business Office, Fujitsu Mission Critical Systems Inc.
データの分断はなぜ、発生するのでしょうか?どのように拡がってしまうのでしょうか?なぜこの問題が一般的によく発生し、かつ有害なのでしょうか?どのようなコストがかかってしまうのでしょうか?その影響が今後生じないようにするにはどうすればよいのでしょうか?このような疑問をその問題の根幹からみつめ、どのようにMarkLgoicがデータを分断されたサイロから、今日そして将来のために統合するかを解説します。さらに、あらゆる企業や組織でデータから最大の価値を生み出すことができるように、データの統合を例外ではなく当たり前のものとしていくという弊社のビジョンの一部であるMarkLogic 9の新しい機能についてもご案内します。
データ主導型ビジネスに求められる次世代IT基盤 インテル(株) データセンター& IoT事業開発部 シニア・スペシャリスト 田口栄治氏 Next generation IT Infrastructure Required for Data-Lead Business Eiji Taguchi, Senior Specialist, Data center & IoT Business Development, Intel K.K.
ハノーバー再保険: MarkLogicでビジネスインサイトと顧客サービスを向上 MyTMC、創業者兼社長、マティアス・エイドリアン氏 Hannover Re: Improving Business Insights and Customer Service With MarkLogic Matthias Adrian, Founder and Managing Director, MyTMC
検索アプリケーションのデモを最後に見たのはいつですか?さらに、『すごい!』と思ったのはいつですか? このセッションでは検索アプリケーションにおいて『すごい!』というリアクションを得るにはどうすれば良いかをご案内します。
あらゆる業界で企業や組織は大きな課題に直面しています−その際、ITはソリューションどころか障害になってしまっていることもあります。企業や組織が昨今、必要としているのは統合されて活用可能な金融システム、製品やマーケティング活動の結果の360度ビューや、人事データの360度ビューです。しかし実際にはデータはサイロに分断され、ITはその状況に追いつくことができていません。
多様なデータ ~技術的にいかに解決しビジネスにおいて活用するか~ (株)NTTデータ 第二金融事業本部 金融グローバルITサービス事業部 課長 宮本拓也氏 Variety Data – How We Can Overcome the Technical Issue and Apply Our Business Takuya Miyamoto, Manager, Financial Global IT Sales Division, Second Financial Sector, NTT DATA Corporation
このセッションではデータのセキュリティや共有、来歴、保持にに関するポリシーを導入し、施行、確認するために、MarkLogicをどのように活用すればよいかをご覧いただきます。
リレーショナルデータベースでは、スキーマのデザインやオブジェクトリレーショナルマッピング、ETLのバッチ処理における技術的な課題に集中してしまい、本質的には最も重要なデータに関する検討が薄れてしまうことがあります。データ統合を実現する新たな手法を利用して従来の制約から解放されることができます。自由な発想でMarkLogicの機能を活用して、データ活用を新たな視点から検討していただける時が来ました。もう、過去の考え方には戻れません。
In this 4-minute online course created with GovLoop, learn six best practices civilian agencies can apply from DoD's Data Strategy
A highly requested technical deep dive into the technical areas of the feature we covered earlier in our MarkLogic Digital Acceleration series.
Our last event in our Digital Acceleration and Smarter Content series looks at the array of next-generation applications
Day 2 of our Digital Acceleration series is focused on the value that semantics and entity extraction can bring to your content repositories.
Our first of three events focused on accelerating digital change through the creation of smarter content.
Data Hub Central makes it easy to discover and use your data through the built in Explore interface. And in the case of the example shown in this tutorial, because of how we modeled the Customer entity and curated the data, simply providing our Data Analysts access to the Explore interface will enable their requirements […]
Data Hub Central makes it easy to create and manage the data model for key business objects, or entities. With MarkLogic you add this model to your project in short iterations in order to deliver on requirements that the business needs to have met right now. You will learn to create an entity model, define […]
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。