Important Update – MarkLogic World 2020

リソース

さらに詳しく知りたい場合

This 75+ page eBook is the most authoritative guide to building and using a data hub, packed with real case studies from across industries.
This webinar will explore how leading Fortune 500 companies are using the MarkLogic Data Hub to integrate their data faster, with lower cost and less risk.
データセキュリティは、組織の最優先事項であり、DevOpsとセキュリティの専門家が心配しなくてはならない戦術上の詳細事項は山のようにあります。一方で、CIO、アーキテクト、ビジネスリーダーは戦略レベルで何に注目すべきでしょうか?
リソースの絞り込み
単一の一環した、継続的な関係を顧客との間に複数のチャネルで築くためのソリューション。
Learn how ICLR, a leading English authority on case law, uses MarkLogic at the core of its digital transformation strategy.
MarkLogic World 2018: For Cisco, achieving business success means having great product content. It also means delivering that content to users quickly and efficiently.
Votre Guide GDPR pour les spécialistes du Transport
La chaîne logistique est un environnement complexe, dynamique et implique plusieurs parties prenantes et l’échange d’un grand nombre de données à tous les niveaux de la chaîne.
Die Einrichtung, Pflege und Verwaltung einer 360-Grad-Sicht auf Produkte stellt ein wichtiges Alleinstellungsmerkmal im Wettbewerb dar und kann sogar das Fortbestehen von Unternehmen im Retail Bereich sichern.
Alexander Deles previews what he'll be sharing in his MarkLogic World session.
Consommateur 360 - un enjeu majeur pour le secteur de la grande distribution. Apprenez les avantages d'élaborer et tenir à jour une vision à 360° des clients.
EBCONT, a leading IT services provider of Austria, faced the challenge of creating a 360 view of key operational data for PRASA (Passenger Rail Agency of South Africa). With MarkLogic, they were able to integrate data about ticket sales, fuel prices, the weather, trains movement, and much more in order to get a near real-time, 360 view of operations.
Die Supply 360-Lösung von MarkLogic unterstützt Sie bei der Verwaltung komplexer Datenbestände.
Few industries have access to more data regarding consumers, products, and channels than the retail and consumer industries. Data-derived insights should be at the heart of what drives this business. So why do so many big data initiatives fail in retail?
MarkLogicは、サプライチェーンで分断されているすべての複雑なデータの統合をサポートできます。
オムニチャネルを本当に実現させるためには、顧客データを製品と結び付け、リアルタイムでデータを供給して、運用トランザクションを有効化できることが必要です。オムニチャネルの実現にあたっての障壁を取り除くために、エンタープライズNoSQLがどのように役立つかご確認ください。これで、あのETLをお払い箱にできます。
Eコマース、オムニチャネル、ビッグデータなどの言葉が聞こえてきたら、メインフレームからインテルベースのソリューションによるエンタープライズNoSQLに移行する時機が来ている証拠です。
MarkLogicは企業や組織が製品や商品の情報を競合優位の源泉にするために役立ちます。
Wie bauen Sie eine konsistente und langfristige Beziehung zu einem Kunden auf, der über mehrere Kanäle mit Ihnen interagiert?
ビッグデータによって、すでにビジネスや政府は多くの成功を収めていますが、データ分析は教育の分野にも変革をもたらし始めています。オライリーのレポートは、あらゆる世代を対象とした教育プログラム個人対応(パーソナライズ)や大規模でオープンなオンラインコース(MOOCs)などの教育プログラムにおいて分析が利用されてきたかを解説します。
複数のチャネルにおける顧客との関わりを、一貫性のある持続可能なものとします。
2017-12-08

主要機能とメリットの理解

NoSQLデータベースに関してこれまで見聞した知識を一旦すべて忘れ、MarkLogicの独自性について考えてみましょう。包括的な機能リストを利用して、MarkLogicのメリットを活用しましょう。

MarkLogicのすべての機能を詳しく見る 専門家に問い合わせる

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。