内容

プラットフォーム価格

MarkLogicはドキュメントデータベースやトリプルストア、検索エンジンを組み合わせた統合データベースプラットフォームを備えています。拡張時においてもデータを統合し、最新のアプリケーションを実行できます。

稼働が必要な場所で稼働する

MarkLogicを一度構築すれば、どんな環境でも実行できます。移植性にも優れています。オンプレミス、クラウド、クラウドハイブリッドなど、どの環境でもライセンスを使用できます。環境を移動する場合も問題なく、同じライセンスを使用できます。問題ありません、同じライセンスを使用できます。

無料ダウンロード

無料版のフル機能のDeveloper Editionをダウンロードしてご自身でテストし、MarkLogicでアプリケーションを構築/実行している数千人の開発者の1人として加わりましょう。自身でテストする

簡単な価格体系

MarkLogicの価格設定は透明性が高く、根拠のない障壁や最大クラスタサイズ、お客さまの一部に対する機能制限はありません。

クラウドの価格体系

マーケットプレースの主要クラウドプロバイダから直接MarkLogicのライセンスを購入してください。

AWSロゴ

AWSクラウドでMarkLogicのフル機能を導入。

$0.99/時からの時間単位使用料金

Ms Azure Google Cloud Darkened Grey

Microsoft AzureまたはGoogle CloudでMarkLogic Essential Enterprise Cloudのフル機能を導入

営業担当に問い合わせ

どこでも実行

MarkLogicのライセンスを購入すれば、あらゆる環境でご使用になれます。個々の価格とその他のご質問については、マークロジック株式会社(03-4540-0337)(またはMarkLogic-JP@marklogic.com)までお問い合わせください。

Essential Enterprise

企業要件を満たす、拡張性が高いMarkLogicの包括的バージョン。あらゆる環境の実稼働アプリケーション向けに高度パフォーマンスとサービスを提供します。

*サブスクリプションライセンスには年間保守料が含まれています。詳細については、営業担当までお問い合わせください。

8コア単位のパックライセンス

$18,000/年から*

営業担当に問い合わせ

無料の開発者バージョンのMarkLogicを試す

開発者が最大1TBまでのデータをすばやく統合しMarkLogicベースのアプリケーションを構築できるMarkLogicのフル機能版。

無料のMarkLogic

MarkLogic Query Service logo

MarkLogic Query Service

AWSクラウドでコスト効果の高いデータベース拡張機能を提供することで、 MarkLogicクエリサービスは、データベースのキャパシティを瞬時に補強して需要の急増に対応します。

詳細はこちら Get Started on AWS

追加オプション

MarkLogicの標準提供の確実な機能に加え、高度プロジェクト向けに活用できる追加機能があります。個々の機能の詳細については営業担当にお問い合わせください。

セマンティック

RDFトリプル格納用統合トリプルストアでマルチモデル機能を活用します。

アドバンスセキュリティ

外部KMS、リダクション、コンパートメントセキュリティによりエンタープライズセキュリティを強化

階層型ストレージ

階層間のシームレスなデータ移行によって、クラスタが拡大してもストレージコストを最小限に抑えます。

地理空間情報

地理空間情報インデックス付けとクエリ機能を活用して高度地理空間情報アプリケーションを構築します。

XAトランザクション

クラスタ間の分散トランザクションのACIDプロパティを保証します。

フレキシブルレプリケーション

不安定なネットワーク(DIL)でも情報共有をカスタマイズできます。

FAQ

はい。追加オプションはすべて任意の時点からご利用いただけます。例えば、最初は全くオプションを使わずに始めて、後からセマンティックを追加することも可能です。

はい。開発者用ライセンスには利用可能なオプションがすべて盛り込まれています。現在、セマンティック、アドバンスセキュリティ、階層型ストレージ、地理空間情報、フレキシブルレプリケーション、XAトランザクションの各機能が含まれています。

はい。MarkLogicは単一のノードから数百にのぼるノードまで拡張できるクラスタアーキテクチャを活用して、さまざまな大量のデータを格納するように設計されています。個々のユースケースに適したサイズのMarkLogicシステムを導入する方法の詳細については、営業担当にお問い合わせください。

はい。MarkLogicライセンスはほとんどの場合で移植可能です。MarkLogicをサブスクリプションライセンスでオンプレミスで実行した後、AWSやその他のクラウド上で実行することにした場合でも、別途ライセンスを購入する必要はありません。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。