プログレス、MarkLogicを買収へ - 詳細はこちら
メタデータ管理

データにコンテキストを与える

メタデータをハーモナイズ/抽出/作成することで、複雑なデータを解釈/フィルタリング/関係付けられるようにします。またデータおよびメタデータの両方を1つのプラットフォームで管理することで、洞察力のある意思決定をより迅速に行うことができます。

ウェビナーを見る

メタデータ管理

機能

MarkLogicデータプラットフォーム(SemaphoreのセマンティックAI技術と統合済み)は、エンタープライズデータ管理に対する包括的で完全なアプローチを明らかにし、これを提供します。また、ビジネスの成長をサポートするための戦略的なデータ施策を実現します。

メタデータとは

メタデータとは、データに関する情報をエンコードする貴重なデータです。さまざまなタイプのメタデータによって、さまざまな業務部門や職務のニーズを満たすことができます。

データをそれに関するメタデータと結びつけることで、あらゆるデータをその意味、状態、用途、対象者のコンテキストに基づいて解釈できるようになります。

ビデオ『Metadata: What, Why, and How』(英語)を見る

お客様の声

お客様からの最高の評価

「非常にユニークなAIベースのメタデータ管理ソリューションにより、データを知識に変えることで、成長促進とリスク軽減を実現できました」

金融サービス、分析マネージャ
レビューを読む

ビジョナリー組織がMarkLogicを採用

米国防総省ロゴ
ジョンソン・エンド・ジョンソンのロゴ
シティバンクお客様ロゴ
NBCロゴ
アッヴィロゴ
ワーナーブラザーズお客様ロゴ
ダウお客様ロゴ

情報をコンテキスト内で捉える

データとメタデータを1つのプラットフォーム上で結合することで、データをより有益で、より使いやすく、より信頼できるものにします。

デモを見る