データ統合においては、サポートシステム、販売システム、ロイヤルティカードシステムなど、さまざまなソースシステムからのデータを統合し、顧客、パートナー、患者に対する統合された360度ビューを構築する必要があります。360度ビューは、言わばあなたの聖杯です。それにより、顧客ロイヤルティを高めるためであれ、適切な広告を提供するためであれ、あるいはGDPR関連のデータ要件を満たすためであれ、APIを介して価値ある適切なデータにアクセスできるようになります。360度ビューはマジックが起きる場所なのです。

残念ながら、360ビューを実現するのは生易しいことではありません。マスターデータ管理(MDM)専用ツールを購入する従来のアプローチは、時間がかかるうえに不正確です。また、あるレポートによると、MDMプロジェクトの76%が失敗しています。

MarkLogicのSmart Masteringは違います。マスターデータを素早くかつ自動的に管理できるようになります。サイロ化された非効率なMDMシステムを購入する必要はありません。MarkLogicの柔軟なデータモデリングアプローチによって、既知のすべてのコンテキストで360ビューの迅速な構築が可能になったからです。あらゆるデータ間の多層的な関係をとらえ、ファジー論理とAI(関連度スコアリング、データベースインテリジェンス、確率的アルゴリズムなど)によって、関連するレコード同士をマッチングし、信頼スコアを算出します。そして、その信頼スコアに基づき、関連するレコード同士を自動的にマージします。

さらに素晴らしいことに、MarkLogicのSmart Masteringでは、必要に応じてレコードをアンマージすることができます。すべてがオペレーショナルデータハブのコンテキスト内で実行されるため、生データと、統合されたマスターデータの両方に簡単にアクセスできます。リネージと出自が保持されるので、すべての変更内容を後から確認することができます。他のMDMソリューションには存在しない、実に画期的な機能であるといえます。

360 Pat Roberts

Personエンティティを把握する

MDMが必要なのは、共通データにはしばしば不整合が生じるためです。人間のアイデンティティに関するデータ、つまり、MDMの用語における「Person」エンティティを扱う場合には特にそうです。

例えば、ある1つの顧客エンティティに関するデータが、スペルミス、複数のニックネーム、あるいは複数アカウントの存在が原因で、システムごとに別の扱いになってしまっていることがあります。あるシステムではPat Richardsとして登録されている顧客が、別のシステムではPatricia RichardsやPat Ricardoとなっている、などです。また、1つのエンティティに見えるものが、実際には複数のエンティティである場合もあります。Pat Richardsが同じ住所に息子や娘と住んでいて、その息子や娘もPat Richardsという名前であることがあり得ます。

人間のアイデンティティに伴うこのような問題は、ビジネスの現場で常に発生しているものであり、従来のMDM(マスターデータ管理)技術ではとても対応しきれません。すべてを把握するには、このような問題に対するアプローチを再検討する必要があります。360度ビューがなければ、顧客にサービスを提供して、ビジネスにおいて求められる成果を達成することができません。

従来のMDMでは対応できない理由

従来のMDMツールは、データのマッチングやマージ方法が単純すぎるというだけでなく、次のような数多くの問題を抱えています。

  • 実装に時間がかかる — 複雑なデータモデリングとETLをすべて事前に行わなければならない
  • 単純すぎる — 非AIドリブンモデルはあまりにも不正確で、時にはデータの80%が間違っている場合もある
  • アンマージできない — どのレコードを保持するかはサバイバーシップルールによって決定され、選ばれなかったレコードは永久に失われる
  • ガバナンスの弱さ — すべてのテーブルの出自タイムスタンプをモデル化することは難しく、クエリも遅くなる
  • サイロが増える — MDMツール、運用アクセス、データウェアハウスなどの導入にはリエンジニアリングが必要
  • 信頼性が低い — サイロが追加されるたびにエンドポイントが増え、その結果、セキュリティ上のリスクが高まる

MarkLogicデータハブ内のSmart Mastering

データハブ内のSmart Masteringで、よりスマートなアプローチを実現

MarkLogicはデータを統合するためのデータベースとして設計されており、Smart Masteringを使用したMDMにも最適です。しかしSmart Masteringは独立したソリューションではなく、MarkLogicオペレーショナルデータハブの1機能であり、ハブの一部として利用できます。
セキュリティ、ガバナンス

最もセキュリティの強固なNoSQLデータベースであるMarkLogicなら、データは安全です。Smart Masteringは、データの出自とリネージが完全に維持されるように設計されています。つまり、マスター管理が行われます。そのため強力なガバナンスが実現します。Smart Masteringは、GDPRなどの規制に対応する際にはビジネスに不可欠なものですが、優れた顧客サービスを提供するうえでも大いに力を発揮します。

高速、軽量

MarkLogicによって、データ統合プロジェクトの進捗は5倍速くなります。Smart Masteringでも同じアジャイル性を期待できます。エラーを起こしやすい旧式のMDM製品を購入する必要はなくなりました。Smart Masteringには、標準のルール設定、APIセット、視覚的インターフェイスが用意されており、すぐに利用を開始できます。

スマート、自動化

MarkLogicのSmart Masteringは、データの完全なコンテキストを考慮したうえで自動的にマッチングとマージを実行します。重複した、不完全な、部分的なエンティティに対処するために、信頼ベースのアプローチを採用しています。また、ミスが発生した場合にはアンマージが可能です(常にMDMで行われます)。

私たちは、MarkLogicをナレッジベースとして、マスターデータ管理、参照データ、セマンティックマッピングなどで最大限活用しています。その機能とサポートへの信頼性から、できる限りMarkLogicを使用しています。

Sema Ustuntas

MarkLogicデータハブ内のマスター管理プロセス

MarkLogicデータハブ内のマスター管理プロセス

MarkLogicでは、やり直しを自由に行えます。まず、MarkLogicはデータをそのままの形で読み込むので、アジャイルなモデリングが可能になります。さらに、発見と絞り込みを繰り返し行うことができます。そのため、アンマージやルール変更などのやり直しが必要な場合でも、まったく問題ありません。

Smart Masteringの仕組み

Smart Masteringのビデオの画面

Smart Masteringを始める

Github
データハブフレームワークレポ

コードを取得

Github
Smart Masteringレポ

コードを取得

Github
Smart Masteringのデモ 

デモを見る

エンタープライズ向けに、豊富な機能と開発を支援

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。