必要なときにいつでもどこからでもデータを取得できるようにすることは困難な課題であるどころか、リスクを伴ったり、実現不可能なことかもしれません。グローバルな組織では、中央のデータセンターから遠隔地にデータをレプリケート(複製)しようとした場合、遅延が発生することがよくあります。また軍事作戦では、戦地にデータをレプリケートする際に、サイバーセキュリティの問題や敵による通信妨害が発生する可能性が高いです。

リモートでのカスタムデータ共有

フレキシブル・レプリケーションは、一元管理されたマスターサーバーからリモートのエッジサーバーにデータを分散できる、強力で柔軟性に優れたツールです。

  • リモートのエッジノードからのデータは、再接続されると中央のデータベースと自動的に同期されます。
  • セキュリティ、脆弱性、DIL(不安定なネットワーク環境)を心配する必要もありません。
  • プロセス全体でMarkLogicの分散アーキテクチャを使用し、セキュリティや高可用性、ACIDトランザクションなどのMarkLogicのすべてのエンタープライズ機能を管理します。

フィルターと変換

フレキシブル・レプリケーションでは、CPF(Content Processing Framework)により、作業中のデータを操作することもできます。

CPFの実装

フレキシブル・レプリケーションのアドオンを使用するタイミング

このオプションは、大量のデータの移動と変換が必要な要件を持つ組織に最適です。いくつかの例を以下に紹介します。

軍事作戦

サイバーセキュリティの懸念や、敵による妨害信号といった技術的な障害が発生することがある地域にデータをレプリケートする場合

グローバルサプライチェーン運用

商品を海外に輸送する、遠隔地で事業を継続する、データをそれらの地域にレプリケートする必要があるグローバルな組織向け

メッシュネットワーク

複雑なデータ共有シナリオ向け。例えば、データセンターがロシアにあり、ロンドンまたはニューヨークからデータを受信できるが、ロンドンとニューヨークの一方からしか更新できない場合など。

MarkLogicによる機能強化とフレキシブルレプリケーションの使用
2017-12-08

主要機能とメリットの理解

NoSQLデータベースに関してこれまで見聞した知識を一旦すべて忘れ、MarkLogicの独自性について考えてみましょう。包括的な機能リストを利用して、MarkLogicのメリットを活用しましょう。

MarkLogicのすべての機能を詳しく見る 専門家に問い合わせる

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.