最新のデータアーキテクチャを構築したくても、具体的な青写真がないためお困りではないでしょうか?データハブ・フレームワークがあれば、事前定義された標準機能を備えたエンドツーエンドのアーキテクチャでオペレーショナルデータハブを迅速に構築できます。

データハブ・フレームワークでは、アーキテクトと開発者がMarkLogicの機能を使用して、多くのソースシステムからデータフローを作成し、オープンAPIを通じてデータをハーモナイズして、従来よりも迅速に提供できます。

世界中の企業では、データハブを実稼働環境で使用して、データサイロをこれまでになく迅速に統合できるようになりました。始める準備はできていますか?

チュートリアルを読む GitHubでダウンロードする

「私たちが必要としていたのは、従来のリレーショナルシステムよりも柔軟で簡単に拡張でき、標準装備のセキュリティ機能でトランザクションを処理し、現在のオペレーショナルモデルに対応するACID準拠のシステムでした」

Brian Novacek氏 | エリー保険

データハブ・フレームワークアーキテクチャ

データハブ・フレームワークアーキテクチャの構築のための3ステップ:

  1. データの読み込みと検出
  2. データのモデリングとハーモナイズ
  3. 下流システムとアプリケーションへのデータの提供

フレームワークの根底にあるのは、MarkLogicのエンタープライズ機能(きめ細かな業界標準のデータセキュリティ、高可用性、ディザスタリカバリ、ACIDトランザクション)であり、これらはすべて実稼働環境で実行する必要があります。

主なメリット

標準機能の青写真

データハブ・フレームワークには、Javaライブラリが用意され、実稼働環境ですぐに使用できます。ETLツールなしでデータの読み込みをすぐに開始できます。データはすぐに利用・拡張できます。

優れたハーモニー

データを読み込む前に事前のデータモデリングを省略し、データのハーモナイズとエンリッチに集中できます。すべてのデータか、特定の要件に必要なデータかを考える必要はありません。

強固なスキャフォールディング

MarkLogicのフレームワークはDevOps対応のため、エンタープライズグレードのセキュリティでシステム構築と展開を並行して進められます。

データハブを15分で

MarkLogicシニアエンジニアでフレームワーク開発チームのリーダーであるPaxton Hareによると、コーディングとデータハブをわずか15分で実際に構築できました。

製品機能のデータハブ2のビデオサムネイル
ラップトップで作業中の人のクローズアップ

データハブハンズオントレーニング

MarkLogicの初心者で、データハブ・フレームワークの使用方法を詳しく学習したい方は、MarkLogicユニバーシティが教える4時間の無料ワークショップに登録してください。

詳細はこちら

コーディングの方法

MarkLogicのデータハブ・フレームワークは、Apache 2ライセンスの無料のオープンソースであり、データハブ・フレームワーク開発者のコミュニティのサポートもあります。MarkLogicを最初にダウンロードしてから、データハブフレームワークをGitHubにダウンロードしてください。コミュニティに参加する

MarkLogic のダウンロード  データハブ・フレームワークをダウンロードする

MarkLogicのデータハブ・フレームワークで強化

エンタープライズ向けに、豊富な機能と開発を支援

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。