驚くべきことに、大企業の3分の2がすでにコンテナに投資しています。軽量で高速なコンテナが、マイクロサービスへのさらなる移行をサポートします。 

コンテナは、現代のアーキテクチャのパラダイムであり、MarkLogicの使用に最適です。データの統合、保存、管理、検索を高速かつ反復的な方法で行うことができるMarkLogicによって、多くの開発者がすでに高いアジリティを得ています。MarkLogicとコンテナを組み合わせることで、開発者はコードをさらに短期間でリリースできます。 

MarkLogicは開発環境でも実稼働環境でもコンテナをサポートしているため、非常に簡単かつ迅速に導入できます。例えば、MarkLogicと、コンテナ内でアプリケーションをパッケージング、出荷、実行できるDockerを組み合わせれば、開発者はアプリケーションを簡単に開発してコンテナに配置し、導入できます。 

コンテナとは

コンテナは、ある環境から他の環境に移行する際にソフトウェアを信頼性の高い方法で実行するための代表的なソリューションです。コンテナでは、アプリケーションをパッケージするだけでなく、コンピューティングリソースを共有することによってコストを削減できます。


仮想マシンとコンテナの比較

仮想マシン(VM)にMarkLogicを導入することで、本当の意味でのネットワークの分離が実現します。仮想マシンには完全なオペレーティングシステム(OS)と独自のメモリ管理がインストールされており、リソースはゲストOSとハイパーバイザで共有されます。そのため、1つあるいは複数のOSの多数のインスタンスを、1台のマシンやホストで並列実行できます。

これに対し、1つのOS上で複数のコンテナを同時実行する場合は、リソースを大量に使用するハイパーバイザは不要です。仮想マシンを使用すれば、特定のハードウェアとの組み合わせでより多くのコンテナを実行できます。そのためコンテナは、軽量で共有リソースの、費用対効果の高い、仮想マシンの別の選択肢となります。

複数のサーバーで複数のアプリケーションを実行する必要がある場合には、仮想マシンを使用する必要がありますが、1つのアプリケーションの多数のコピーを実行する必要がある場合には、コンテナは良い選択肢となります。


コンテナへのMarkLogicの導入

コンテナは、仮想マシン上またはベアメタルインフラストラクチャ上で実行できます。さらに、MarkLogicは、クラウドニュートラルでプラットフォームに依存しないため、MarkLogicをコンテナで実行すれば、柔軟性が向上します。アプリケーションを簡単に作成でき、クラウドやオンプレミスのどこにでも導入できます。

主なメリット

ポータブル

MarkLogicにアプリケーションを簡単に導入でき、導入したすべてのアプリケーションのアプリケーションレイヤーでセキュリティを維持できます。

軽量

MarkLogicをコンテナで数秒で作成および実行し、さまざまなニーズの追加クエリ容量をほぼリアルタイムでスピンアップできます。

高速

一貫性のある迅速なソフトウェア開発とスムーズなCI/CD(継続的な統合と提供)を実現します。

実稼働環境に対応

MarkLogicは、コンテナが開発環境と実稼働環境の両方に安全に導入できることを確認しています。広範な回帰テストとパフォーマンステストを実施して、コンテナ内のMarkLogicと仮想マシン上のMarkLogicを比較した結果、パフォーマンスはほぼ同等でした。さらに、コンテナエコシステムの継続的な進化によって、実稼働環境でのコンテナの有用性はかつてなく高まっています。

MarkLogic導入へのアプローチ

MarkLogic Dockerコンテナを3つの簡単なステップで設定

MarkLogicコンテナイメージをローカルマシン上で作成し、保存して、起動させることができます。誇張でなく、本当に簡単です。 

MarkLogic Dockerコンテナを設定する3つのステップ

レジストリで共有して導入

MarkLogicコンテナイメージを作成したら、プライベートレジストリにプッシュします。組織内のアクセス権を持つ人は誰でも、プライベートレジストリからコンテナイメージをプルできます。 

レジストリによる導入ステップ

DockerおよびKubernetesとMarkLogic

DockerおよびKubernetesコンテナのビデオ画面

コンテナを詳しく解説したテクニカルブログ 

MarkLogic Dockerコンテナの構築

MarkLogic Dockerコンテナを作成してMarkLogicイメージを構築する方法を、詳しいステップと例を挙げて説明しています。

MarkLogic Dockerのインストールの自動化

1つのdocker-composeコマンドだけで、手作業不要で、3ノード(以上)のMarkLogicクラスタを作成し、利用できるようにします。

Windows上のMarkLogic Dockerコンテナ

Windows上でMarkLogic Dockerコンテナを使用する際の起動時間を短縮する方法をご紹介しています。

プリロードされたデータを使用してMLCP Dockerコンテナを作成

既知のデータセットでDockerイメージを作成し、そのイメージをもとにコンテナのMLCPライブラリを使用して、データをMarkLogicインスタンスに導入しましょう。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。