データ統合時には、データを任意のソースシステムから抽出し、ターゲットとなるMarkLogicデータベースに取り込むための迅速かつ容易な手法が必要です。

Apache NiFiはデータフローを自動化するために開発され、カスタマイズ可能なドラッグ&ドロップのユーザーインターフェイスを採用しています。MarkLogicには、Apache NiFi用プロセッサーがあります。これにより、MarkLogicへのデータ取り込みにおいてApache NiFiは最適なソリューションとなります。

Apache NiFiに対して、製品付属のプロセッサーを使用して、リレーショナルデータベース(MySQLやPostgresなど)、Apache Kafkaデータストリーム、Hadoopエコシステムのソース、それ以外の多様なデータソース用のデータフローを作成できます。プロセッサーがない場合は、独自のプロセッサーを作成することもできます、また他のユーザーとの連携のために、共通のデータフローパターン用のテンプレートを作成して公開・共有できます。

Apache NiFiのメリット

NSAが開発

データセキュリティ、データの出自、チームでの使いやすさを重視し、開発に10年を費やしました。

あらゆるデータソースに対応

リレーショナル、Hadoop、S3などからMarkLogicにデータを読み込めます。50を超えるデータフロープロセッサーを備え、容易に設定と拡張が可能です。

ドラッグ&ドロップのUI

簡単なドラッグ&ドロップのUIにより、MarkLogicにデータをロードしプロセスを監視するデータフローをかつてないほど簡単に設計できます。

スピードを体験

この短いライトニングトークをご覧ください。Apache NiFiでリレーショナルデータをMarkLogicに5分未満でロードするデモを紹介しています。

わかりやすいインターフェイス

このスクリーンショットは、リレーショナルデータをMarkLogicに読み込むシンプルなプロセスを示しています。まず、SQLクエリを実行してリレーショナルシステムからデータを取得します。その後、得られたAvroシリアライゼーションをNiFiプロセッサーがJSON形式に変換し、このデータがMarkLogicに読み込まれます。

NiFiインターフェイスの例

あらゆるデータソースを統合

AMQP
Amazon SQS
Amazon SNS
Amazon S3
Azure Event Hub
Couchbase
CSV
DynamoDB
Elastic Search
Exchange Web Services
ファイルシステム
FTP
Google Cloudバケット

Grok Reader
HBase
HDFS
HTTP
Igniteキャッシュ
IMAP
JMS
JSON Path Reader
Kafka
Mongo DB
MQTT
MySQL
Parquet

Pop3
Redis
RethinkDB
SFTP
SNMP
Solr
Spark
Splunk
SQL
TCP
Windowsイベントログ

開発者リソース

Apache NiFiを実際にお試しください。開発者サイトから、MarkLogicプロセッサー、クイックスタートガイドなど、NiFiに役立つものをダウンロードできます。

データフローを自動化する

エンタープライズ向けに、豊富な機能と開発を支援

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。