オペレーショナルシステムやトランザクショナルシステムを実行している場合は、すべてのACIDプロパティ(原子性、一貫性、分離、耐久性)を備えたデータベースが必要です。これらのプロパティにより、エンタープライズグレードのシステムでデータ破損や旧バージョンの読み取り、一貫性のないデータなどの問題が発生しなくなります。ミッションクリティカルなアプリケーションについては、ACIDプロパティは「不可欠」であり、トランザクショナルな一貫性の絶対条件です。

ACIDコンプライアンスは、リレーショナルデータベースの標準ですが、MarkLogicは、NoSQLデータベースの中でも珍しく、厳しい基準がないトランザクションや、基準すら存在しないトランザクションも多い中、ACID100準拠のトランザクションをサポートしています。MarkLogicのACIDプロパティは、マルチドキュメント、マルチステートメント、XAトランザクション(クラスタ間のトランザクション)にも適用されるため、他に類を見ない信頼性で、ミッションクリティカルの要件に対応した大規模なオペレーショナルシステムを実行できます。

詳細を確認する

ACIDとは?

ACIDとは、データベーストランザクションを確実に処理するための4つの重要なプロパティを表す略語です。

  • AAtomicity(原子性)を表します。データベースでは、トランザクションの一部ではなく、トランザクション全体を実行する必要があります。
  • CConsistency(一貫性)を表します。データベースでは、システムルールを適用する必要があります。例えば、ある値が許可されていない場合、その値をフィールドに入力することはできません。
  • IIsolation(分離)を表します。複数のトランザクションを同時に実行している場合、各トランザクションは独立して実行され、最終的に連続して実行したかのような結果になります。
  • DDurability(耐久性)を表します。一度実行されたトランザクションは、システムがクラッシュした場合でも、実行状態を保ちます。

顧客事例


ABN AMROでは、変化し続ける規制要件に迅速に対応する必要がありました。そこでマルチモデルデータベースであるMarkLogicや、MarkLogicが持つセキュリティやトランザクションなど機能が決め手となりました。

詳細はこちら


CMSでは、MarkLogicを使ってわずか18か月でHealthCare.govを立ち上げ、毎秒5,500超のトランザクションをアーカイブし、運用初年度に800万人もの健康保険の加入申請を処理しました。

詳細はこちら


大手5行に入る投資銀行は、オペレーショナルトレードストアをMarkLogicで実行し、1日100,000件以上の複雑な取引に対応しています。システム内では常時約32万件の取引があります。

詳細はこちら

ACIDトランザクションを可能にする機能

ドキュメントのロック 更新中のデータを保護し、トランザクションがコンフリクトしないようにします。

タイムスタンプ クエリの実行時に、有効なドキュメントだけを表示するように、ドキュメントにタイプスタンプを付けます(別名:Multi-Version Concurrency Control)。

ジャーナリング コミットされる前に更新をジャーナリングし、システム障害時にトランザクションを再生できるようにします。

タ プロセスのコミット 複数のホスト間でも、変更されたデータを一括で変更するか、まったく変更しないようにできます。

製品機能、ACID、他のNosqlの画像

他のNoSQLデータベースでは不十分な機能

NoSQLではスピードと拡張性が期待されます。しかし、スピードと拡張性を保証するために、ほとんどの分散データベースではトランザクショナルな一貫性を犠牲にしているか、単一のドキュメントロックを使用することで一貫性を維持しています。これでは、トランザクションに複数のドキュメントが含まれていると、トランザクショナルな一貫性は無視されてしまう可能性があります。高速道路を走っているとき以外は、いつもブレーキを踏んでいるようなものです。

ブログの投稿を読む

関連リソース

ドキュメント
MarkLogicのトランザクションを理解するためのガイド

リソースを表示する

開発者向けブログの投稿
MarkLogicのACIDトランザクションサポート

リソースを表示する

ブログの投稿
MarkLogic CTOが語る「ACIDトランザクションが必要な理由」

リソースを表示する

2017-12-08

主要機能とメリットの理解

NoSQLデータベースに関してこれまで見聞した知識を一旦すべて忘れ、MarkLogicの独自性について考えてみましょう。包括的な機能リストを利用して、MarkLogicのメリットを活用しましょう。

MarkLogicのすべての機能を詳しく見る 専門家に問い合わせる

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。