ガートナーのクラウドDBMSレポートにおいてMarkLogicがビジョナリーに

MarkLogicデータハブサービス

フルマネージドのクラウドデータハブ

MarkLogicデータハブサービス(DHS)は、サイロ化されたデータを統合するための完全に自動化されたフルマネージドクラウドサービスです。MarkLogicサーバーを基盤としているため、インフラの購入や管理が不要で、データの統合やキュレーションをすぐに開始できます。

AWSで始める
AZUREで始める

提供クラウド: AWS logo Azure logo

デモを見る

まだ検討が必要ですか? ライブデモで製品の概要をご確認ください。

2月10日
12:00 PM EST
2月17日
11:00 AM GMT
2月24日
12:00 PM EST

MarkLogic社の担当者へのお問い合わせ

MarkLogicにより、どのように企業全体でのデータの統合と共有に伴うコストとリスクが削減されるのか、またビジネス問題が迅速に解決されるのかをご説明します。

担当者に問い合わせる

MarkLogicサーバー

MarkLogicサーバーはマルチモデルデータベースで、最新のNoSQLと信頼性の高いエンタープライズ機能が搭載されています。オペレーショナル(業務)/トランザクショナル/分析アプリケーションに使用できます。

  • マルチモデル(JSON、XML、グラフ) - 一元化された整合性のあるバックエンド
  • ビルトイン検索機能 - 即座のインデックス付けによりデータに素早くアクセス
  • きめ細かなロールベースのセキュリティ
  • スケーラブルなACIDトランザクションにより、データの整合性と高いパフォーマンスを実現
  • オンプレミス、ハイブリッド環境、あらゆるクラウドに導入可能

 

MarkLogicサーバーを試してみる

開発者用ライセンス

最大1 TBのデータに対応できる、開発向けフル機能バージョン。

無料のDeveloper Edition

MarkLogicサーバーエンタープライズ

エンタープライズライセンス

実稼働向けフル機能バージョン(サブスクリプション価格)

営業担当に問い合わせ

MarkLogicデータハブソフトウェア

MarkLogic Data Hub is free, open-source software that runs on top of MarkLogic Server, creating a unified data integration solution.

  • 技術的でないユーザーでも直感的なUIでデータの読み込みとキュレーションを迅速に実行可能
  • キュレーションプロセスの一部としてスマートマスタリングが含まれているため、別途MDMソフトウェアを準備する必要がない
  • MarkLogicのすべてのセキュリティ機能を利用可能
  • ハイブリッドクラウド環境対応により、MarkLogicデータハブサービスを使って簡単にクラウドに移行

 

無料のオープンソースソフトウェア

無料でダウンロードしてすぐにデータ統合を開始しましょう。

ダウンロード

ライブデモのお申し込み

MarkLogicによる、迅速なデータ統合、コスト削減、安全なデータ共有についてご紹介します。

今すぐ登録

API

MarkLogic APIには膨大な機能が備わっています。またソフトウェアプログラムインターフェースとしてインタラクションを促進します。

NodeJS logo

Node.jsクライアントAPIはオープンソースのJavaScriptライブラリです。Node.js開発者は、NodeアプリケーションからMarkLogicに迅速、簡単、安全にアクセスできます。

ダウンロード

Java logo

コアとなるMarkLogicデータベースおよび検索機能にアクセスします。Java APIを使用することで、Java開発者は既存のライブラリ、ツール、開発環境を使用して迅速に新しいアプリケーションの開発ができます。

ダウンロード

コネクタ

MarkLogicのコネクタはMarkLogicユーザーが他の製品やサービスを追加したい場合に役立ちます。日々のビジネスニーズに合わせて簡単に統合できます。

PowerBI Connector logo

Microsoft Power BIを稼働中のMarkLogicのデータと簡単に接続して、最新のビジュアル分析やレポート作成ができます。

ダウンロード

Tableau Connector logo

Tableauを稼働中のMarkLogicのデータと簡単に接続して、最新のビジュアル分析やレポート作成ができます。

ダウンロード

MuleSoft Connector logo

MarkLogicのMuleSoftコネクタにより、MuleSoftと容易に統合できます。MuleSoft Anypoint StudioおよびAnypoint Design Centerのフローを介したデータの移動と変換パイプラインを実現します。

ダウンロード

Apache NiFi Connector logo

MarkLogicのNiFiコネクタにより、NiFiと容易に統合できます、MarkLogic JavaクライアントAPIおよびDMSDKと統合できます。

ダウンロード

ODBC logo

MarkLogicのODBCドライバは、ODBC対応アプリケーションから直接稼働中のMarkLogicデータベースに接続できる強力なツールです。

ダウンロード

Java logo

XMLコンテントベースコネクタ(XCC)はXDBCプロトコルを使ってJavaミドルウェアアプリケーション層からMarkLogicサーバーと通信するためのインターフェースです。

ダウンロード

ユーティリティ

MarkLogicユーティリティライブラリおよびプラグインにより、オープンプラットフォームを簡単に作成できます。リソースを監視、やり取り、統合するための効率的な方法が用意されています。

Image of a database with the MarkLogic chiclet

MarkLogic Content Pump(MLCP)は、オープンソースでJavaベースのコマンドラインツールです。MarkLogicデータベースとの間でデータのインポート、エクスポート、コピーを迅速に実行できます。

ダウンロード

ml-gradleプラグイン

MarkLogicの操作をすべて自動化できるGradleプラグインです。アプリケーションのデプロイ、ホストの追加、データベースのバックアップ、新しいプロジェクトのスタブ作成、変更時のモジュールのロードなどができます。

ダウンロード

Corb2 logo

CORBは、MarkLogicに格納されたドキュメントのコンテンツ再処理を一括(バルク)で行うJavaツールです。簡単に言うと、CORBはデータベースのドキュメントリストに基づいて、リスト内のドキュメントに対して処理を実行します。

ダウンロード

ライブデモのお申し込み

MarkLogicによる、迅速なデータ統合、コスト削減、安全なデータ共有についてご紹介します。

今すぐ登録

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。