※本資料は、英国ロンドンにて2019年10月8日(現地時間)に発表したプレスリリースの日本語翻訳版です

複雑化するデータ統合をシンプルにするための次世代型データプラットフォームを提供するMarkLogic Corporationは、金融市場のテクノロジー情報プロバイダーであるWaters Technologyと共同で、ヨーロッパ、北米、APACの投資銀行、アセットマネージャ、ブローカー・ディーラーなど100社以上の金融サービス企業を調査したレポート「Investment Research: Practices, Challenges and Opportunities」(英語)をこのたび発表しました。今回の調査から、ほぼ3分の2の金融サービス企業がデータの格納、アクセス、共有に苦労しており、半分以上の企業が一元化されたデータハブを使ってデータドリブンの投資や業務上の意思決定を強化したいと考えていることが明らかになりました。

レポートでは、金融サービス企業が投資収益率を高め、運用効率を改善し、規制報告要件をより簡単に満たすためにデータをより適切に使用しようとする際の大きな課題とチャンスについて取り上げています。この問題に対処するため、56%の企業では、一元化された投資リサーチ「ハブ」にすべてのリサーチおよび関連情報を格納し、データへのアクセスを改善しようと考えています。本調査によると、3分の2の企業は一元化されたハブによって投資判断が改善されると回答しており、また59%はリサーチのパーソナル化によって顧客エクスペリエンスが強化されることを期待しています。

レポートでは、以下の内容も取り上げています。

  • 回答者の64%が、自社のリサーチデータは社内のあまりに多くのシステムや場所に分断されて格納されていると考えています。
  • 企業の66%は、主要な投資データ全体に一か所からアクセスすることはできません。
  • 回答者の72%は、顧客に対してパーソナル化された信頼できるリサーチをタイムリーに提供するためのツールが全くないあるいは不十分であるため、顧客エクスペリエンスが阻害されているとしています。
  • 企業の半分では一元化されたデータハブを検討しており、これにより投資リサーチの格納およびキュレーションのプロセスが合理化されるだろうとしています。

MarkLogicの金融サービス担当CTOのジャイルズ・ネルソンは次のように述べています。「最良の投資判断を求めるあらゆるバイサイドの企業にとって、データが手元にあることは極めて重要です。規制当局にとっても、『結論がどのように導き出されたか』を企業自身が理解していることが重要です。これは、規制当局だけでなく投資家やその他の主要な利害関係者に対しても、企業がデータリネージをトラッキングし意思決定を正当化できるということです。これはあらゆる意思決定が正しく、自分たちの行為は間違ってなかったことを証明するというものではなく、そこに何らかのプロセスが存在していること、また意思決定の元となったデータを持っていることを示すためのものです」。

新規技術への投資の承認を得る際に最大の問題となるのが、事業投資を行う理由や論理的根拠を記す文書「ビジネスケース」です。しかしながら、企業の69%は業務効率の改善のためにデータハブに投資するというビジネスケースを作成することによって、資金を確保できると考えています。一方49%は、投資の意思決定を改善することで投資リターンを達成できるというビジネスケースも重要だとしています。

以上

編集者用注
Waters Technologyは、MarkLogicから「Investment Research: Practices, Challenges and Opportunities」レポートの制作を依頼されました。このリサーチでは、104社を対象にしており、回答者はさまざまなキャピタルマーケット会社の方々です。内訳としては、北米、ヨーロッパ、アジア・パシフィック地域の投資銀行、従来のアセットマネージャ、ブローカー・ディーラーなどです。

 <本件に関する報道関係者様からのお問い合わせ先>

株式会社トレイントラックス(マークロジック株式会社 広報代理店)
担当: 小牧、原田
Tel: 03-5738-4177   Fax: 03-5738-4178   E-mail: marklogic@traintracks.jp

MarkLogic について

MarkLogicの使命は、最も複雑なIT課題の1つであるデータ統合をシンプルにすることです。データ統合プロセスのすべてのステップを効率的にする、高度に差別化されたデータプラットフォーム「MarkLogicデータハブ」を提供します。MarkLogicデータハブ利用者は、これまでにない速さで360度ビューを達成できます。データ統合をシンプルにすることは、組織の敏捷性の向上、ITコストの削減、そして安全なデータの共有を可能にします。

世界トップ10の銀行のうち6社、世界の製薬会社のトップ5社、世界トップ10のメディアのうち6社、および米国の主要政府機関15のうち9団体などがMarkLogicを利用しています。シリコンバレーに本社があり、それ以外に米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに事業所があります。日本では東京渋谷区にマークロジック株式会社を設立しています。詳細はhttps://jp.marklogic.com/で確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。