MarkLogicはこのセキュリティ認証を取得済みの数少ないデータベース企業、6社にその名を連ねた

カリフォルニア州 サンカルロス – 2016年1月14日 – MarkLogic Corporation, the world’s largest Enterprise NoSQL database platform provider, today announced the latest version of its database, MarkLogic® 8, has received common criteria security certification. The Common Criteria for Information Technology Security Evaluation (Common Criteria) is the driving force for the widest available mutual recognition of secure IT products worldwide. As the only Enterprise NoSQL vendor included in this prestigious group, MarkLogic’s database uniquely provides the flexibility and agility of NoSQL with enterprise-hardened features like ACID transactions for data reliability and transactional consistency, elasticity, real-time alerting, high availability, disaster recovery, enterprise-grade security, and tiered storage.

MarkLogicデータベースはコモンクライテリア セキュリティ認証に加え、属性ベースのアクセス制御(ABAC)やポリシーベースのアクセス制御(PBAC)、ラベルベースのアクセス制御(LBAC)など、よりきめ細かいセキュリティを提供するセキュリティモデルにも対応しています。またMarkLogicデータベースは相互認証と外部認証、強力な監査機能、コンパートメントセキュリティにも対応しています。さらにMarkLogicデータベースはPL3/ICD 503とDITSCAP認証を受けた政府システムにインストールされ、実稼働しています。この認証は米国の各情報機関や、国防総省の機密システムにおける最上位のものです。これらのシステムは厳しいテストの結果、アクセス、ユーザー認証、管理、監査、ロールの分離、システム保証などに関する厳しい基準を満たしています。

“Last year, businesses saw a 38 percent increase in security incidents. As hackers and cyber terrorists become more aggressive, enterprises and governments must take steps to assure that their data is secure and their vendors are keeping pace with the threats,” said Joe Pasqua, executive vice president, product strategy, MarkLogic. “Security has been built into the MarkLogic database from day one. As we’ve expanded our presence in government agencies, healthcare organizations, financial institutions, and enterprises throughout the world, we’ve further strengthened our capabilities with certified security that is required to manage and operationalize data. We will continue to maintain the highest possible levels of security to ensure data integrity, trusted information and protected content.”

コモンクライテリアは国際標準化機構(ISO)の国際規格(ISO/IEC 15408)として、政府公共機関やその他の組織、企業で、テクノロジー製品のセキュリティ能力を評価するために使われています。コモンクライテリアによって製品は、そのセキュリティ機能やセキュリティの脆弱性への対応方法などの機能について、厳格な基準のもとに評価されます。コモンクライテリアは、テクノロジー製品のセキュリティに関するユーザからの信頼性を高め、より多くの情報に基づいた決定をするために役立ちます。


リソース

Visit the Common Criteria portal for more information about the certification.
Visit MarkLogic to learn more about the MarkLogic database and its security features.


MarkLogic について

MarkLogicの使命は、最も複雑なIT課題の1つであるデータ統合をシンプルにすることです。データ統合プロセスのすべてのステップを効率的にする、高度に差別化されたデータプラットフォーム「MarkLogicデータハブ」を提供します。MarkLogicデータハブ利用者は、これまでにない速さで360度ビューを達成できます。データ統合をシンプルにすることは、組織の敏捷性の向上、ITコストの削減、そして安全なデータの共有を可能にします。

世界トップ10の銀行のうち6社、世界の製薬会社のトップ5社、世界トップ10のメディアのうち6社、および米国の主要政府機関15のうち9団体などがMarkLogicを利用しています。シリコンバレーに本社があり、それ以外に米国、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアに事業所があります。日本では東京渋谷区にマークロジック株式会社を設立しています。詳細はhttps://jp.marklogic.com/で確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。