認定を受けるにはどうすればよいですか?

まず、MarkLogicに関する知識が必要になります。認定試験では、MarkLogicの無料トレーニング講座で学習した内容を扱います。この講座は、オンラインで登録するか、オンデマンドで閲覧できます。合格した受験者は、その知見を実務経験に活用することが期待されます。

認定を受けるには、以下の2つの試験に合格する必要があります。

  1. 筆記試験(多肢選択方式)
  2. 実践的な成果物ベースの試験

実践形式の試験に進むには、筆記試験に合格する必要がありますが、両方の試験を事前に予約することもできます。試験はオンラインで実施されるため、Webカメラを事前にセットアップしたラップトップが必要になります。筆記試験は1時間、実践的な成果物ベースの試験は4時間以内です。

認定を受ける理由

NoSQLは、最も急速に成長しているジョブトレンドの1つとして評価されており、MarkLogic認定を受けることで、所属している企業やエンジニア市場からの信頼が向上します。認定を受けたMarkLogicのバージョン(Certified MarkLogic 9 DeveloperまたはMarkLogic 9 Administrator)の資格を市場で活かすことができます。MarkLogic認定ロゴを名刺に印刷したり、個人のWebサイトに表示して、スキルを宣伝することもできます。

認定を受けられるのはどのような人ですか?

認定試験の申し込みはどなたでも可能です。このプログラムの目的は、MarkLogic製品のコア知識を検証して、指名された役割(開発者または管理者)の専門知識として認められた基準を確立することです。

前提条件はありますか?

前提条件はありませんが、認定試験に合格するには、MarkLogicユニバーシティのトレーニングと実務経験の両方の知見が必要になります。

扱う内容は何ですか?

開発者試験では、アーキテクチャ、XPath、FLWOR、インデックス付け、検索、データモデリング、トランザクション、セキュリティ、セマンティックを含む、さまざまなトピックを扱います。管理者試験では、アーキテクチャ、構成、導入、インデックス付け、検索、データモデリング、トランザクション、セキュリティ、高可用性(HA)と災害復旧(DR)、モニタリングを含む、管理に重点を置いたトピックの範囲を扱います。

費用はどれくらいですか?

認定の各試験の料金は150ドル(合計300ドル)です。1回目で合格できなかった場合は、試験ごとに試験料が必要になります。

認定を示すためのクールバッジを獲得できますか?

もちろんです。認定ロゴの使用については、ロゴ使用のガイドラインを参照してください。

キャンセルポリシー

MarkLogicトレーニング諸条件を参照してください。

Professional Certification

Get certified as a MarkLogic Developer or MarkLogic Administrator through our professional certification program.

認定の詳細
スタディガイド
当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

By continuing to use this website you are giving consent to cookies being used in accordance with the MarkLogic Privacy Statement.