Important Update – MarkLogic World 2020
離陸前の準備

MarkLogic開発者ブートキャンプ

このコアコースを順番に受講することで、データハブの利用事例を通じてMarkLogicの使い方を学習できます。データを安全に統合してキュレーションし、データサービスを迅速かつアジャイルに構築します。

ml-machine-learning-in-database-dark-background

ステップ1:基礎


複雑化しているデータ統合の問題を解決するために必要な、MarkLogicの基本スキルを学習します。

コースの詳細

Icon MarkLogic Developer

ステップ2:データハブ


MarkLogicデータハブを利用してデータ統合プロジェクトを加速します。

コースの詳細

Icon Application Developer

ステップ3: データサービス


JavaScriptとMarkLogicデータハブを使って、データサービスの開発、導入、テストを行います。

コースの詳細

飛び立ちましょう

データハブフライトスクール®

データハブのフライトスクール

必要なスキルは学びました。これを活用して飛び立ちましょう。MarkLogicユニバーシティで学んだことを実践し、実際のプロジェクトのシミュレーションをしてみましょう。

詳細

視野を広げる

専門コース

コアトレーニングを完了したら、専門コースで、MarkLogicのさまざまな活用方法についてさらに学んでいきましょう。

セマンティック

セマンティック


セマンティック機能でサービスを構築するために、RDFトリプルの作成、管理、インデックス付け、クエリの方法について学習します。

コースを見る

Card Illustration Training Performance

パフォーマンス


MarkLogicが重要なシステムリソースをどのように利用しているかを理解し、パフォーマンス関連の問題を特定して、最適化の手順を学習しましょう。

コースを見る

Icon Security

セキュリティ


セキュリティを導入することで、リスクを削減し、統合データを効果的に共有・利用できるようにします。

コースを見る

専門家認定

この専門家認定プログラムでは、MarkLogic開発者またはMarkLogic管理者の認定を取得できます。

Icon of a sheet of paper

認定の詳細

icon of light bulb

スタディガイド

オンサイトトレーニング

プライベートトレーニングに関心がありますか?

チームを社内でトレーニングする必要はありますか? MarkLogicは、これまで培った教育経験をお客様に提供します。オンサイトトレーニングは、プロジェクトチーム間の高度な対話を促す効果的な方法です。各講座は、お客様の要件に応じてカスタマイズできます。

お問い合わせ

詳しく知りたい方

オンデマンドチュートリアル

MarkLogicユニバーシティオンデマンドで学習を継続してください。新機能についても数分で確認できます。すぐに始めることができる推奨事項もご用意しています。

MarkLogic入門(Introduction to MarkLogic)


この講座では、MarkLogicの主要機能の概要を説明します。MarkLogicの3層リファレンスアプリケーションのサンプルスタックのデモも含まれます。

データハブフレームワーク


シリーズ最初の動画では、データハブフレームワークを使用したMarkLogic上で、オペレーショナルデータハブを構築するためのキーコンセプトを扱っています。

セキュリティデータベース


このシリーズのエピソード1では、セキュリティデータベースと、高可用性のMarkLogicクラスタの構成におけるセキュリティデータベースの役割について学習します。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。