本コースでは、MarkLogicデータベースに基づいたMarkLogicデータハブの構築方法を学習します。MarkLogicデータハブは、データ統合プロジェクトの加速と、価値創出までの期間の短縮に役立ちます。

お客様の都合のつく日時を選択して登録

講座の目標

この講座を完了すると、アジャイルなデータ統合プロジェクトにおいて、MarkLogicデータハブを構築し、構築したデータハブへのデータの取り込み、キュレーション、アクセスを行うことができるようになります。学習内容は次のとおりです。

  • プロジェクトを導入する
  • エンティティを作成しモデリングする
  • さまざまなソースからデータを「そのまま」読み込む
  • ハブの中でデータをキュレーションする
  • ハブからデータにアクセスする

オンライン講座

  • 何を提供すべきか
  • コースプロジェクトの概要
  • 業務要件
  • 技術要件
  • 説明
  • データハブとは何か?
  • 主要な用語、ツール、技術的コンセプト
  • 主要なデータモデリングコンセプト
  • 初期化とインストール
  • プロジェクトセキュリティモデルの実装
  • エンティティを作成しモデリングする
  • 入力フローの作成、設定、実行
  • エンベロープパターンの実装
  • プラグインコードの開発
  • 入力フローのテストとデバッグ
  • エンティティ用モデルの反復的構築
  • ハーモナイズフローの作成、設定、実行
  • エンベロープパターンの実装
  • プラグインコードの開発
  • マッピングの適用
  • トリプルの使用
  • キュレーションされたデータとオープンAPIの活用によるMarkLogicデータハブ内のデータへのアクセス
シンプルな方法で学習

無料のトレーニング講座ですぐにMarkLogicの専門家になれます。

セルフペーストレーニング

柔軟な学習スケジュールが必要ですか?ご自身の時間に合わせて学習できます。セルフペースポータルから時間の都合のつくクラスを受講してください。

オンデマンドチュートリアル

さまざまな製品機能の実践例について最新のビデオチュートリアルを見ることができます。ユニバーシティモバイルアプリ(AppleまたはGoogle)からも視聴できます。

学習アセスメント

学習評価により、それぞれのトレーニング講座の学習目標を理解できたかを確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。