お客様の開発スキルを活用して、サイロからデータを統合し、オペレーショナルデータハブを構築できるようにしましょう。

  • 期間: 2日間
  • 形式:講義形式の講座と実践ラボ
  • 利用方法:ライブオンライン、公開クラス、プライベートオンサイト
  • 対象者:開発者
  • 前提条件:
  • 推奨:

講義形式コースの日時を選択  セルフペーストレーニングを開始する

講座の目標

この講座を完了すると、以下のことができるようになります。

  • Use MarkLogic for data integration
  • Create a 360° view database
  • Load disparate data from data silos
  • Translate between XML and JSON
  • Transform data while loading it
  • Use the envelope pattern to harmonize data
  • Harmonize data from varied sources
  • Execute a CoRB process
  • Execute a Data Movement SDK process
  • Use triples to harmonize data
  • Use templates to harmonize data
  • Use templates to extract data
  • Generate a template view
  • Run SQL queries against a template view
  • Write Optic API queries
  • Use Entity Services

オンライン講座

  • Explain what an operational data hub is
  • Describe MarkLogic as a multi-model database
  • Define a 360° view database
  • Know how data is stored and indexed
  • Load data from XML and JSON files
  • Split a multiple-record XML file
  • Translate XML and JSON
  • Load data from a .csv file
  • Modify data while loading it
  • Explain data harmonization
  • Describe the envelope pattern
  • Create an envelope
  • Add data to an envelope
  • Query an envelope
  • Run CoRB for batch processing
  • Use the Data Movement SDK for batch processing
  • Describe spell:double-metaphone()
  • Describe how triples can be used
  • Load triples
  • Query triples
  • Use triples to harmonize data
  • Explain Template-Driven Data Extraction
  • Create a template and validate it
  • Apply a template
  • Define variables
  • Generate a view
  • Disable and delete a template
  • Use TDE for data integration
  • Learn about SQL in MarkLogic
  • Create a SQL query
  • Do a join
  • Configure a MarkLogic ODBC driver
  • Execute SQL queries through a MarkLogic ODBC driver
  • Write a SQL and document search query
  • Describe the Optic API
  • Write an Optic API query
  • Perform a join
  • Do an aggregate
  • Create a master-detail result
  • Use document query
  • Query triples
  • Join rows and triples
  • Explain Entity Services
  • Create a model
  • Define an entity
  • Define a relationship
  • Store a model
  • Generate model-driven components
  • Create instances
  • Use instances
シンプルな方法で学習

無料のトレーニング講座ですぐにMarkLogicの専門家になれます。

Self-Paced Training

柔軟な学習スケジュールが必要ですか?ご自身の時間に合わせて学習できます。セルフペースポータルから時間の都合のつくクラスを受講してください。

オンデマンドチュートリアル

さまざまな製品機能の実践例について最新のビデオチュートリアルを見ることができます。ユニバーシティモバイルアプリ(AppleまたはGoogle)からも視聴できます。

Learning Assessments

学習評価により、それぞれのトレーニング講座の学習目標を理解できたかを確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。