この実践的なコースでは、ローカル環境におけるMarkLogicデータハブのテスト、クラウドでのMarkLogicデータハブサービス作成、データハブサービスへのローカルデータハブ導入、データサービスの導入と使用について学習します。

このコースは、自社データセンターでMarkLogicサーバーを導入・実行する管理者、またはクラウド上で独自のクラスタを構築・管理する管理者向け ではありません 。

  • 期間: 半日(4時間)
  • 利用方法: ライブオンライン講義形式
  • 前提条件:なし

講義形式コースの日時を選択

講座の目標

このコースを完了すると、以下のことを学ぶことができます。

  • データハブサービスに導入する前にローカルデータハブをテストする。
  • データハブを強化する。
  • データハブサービスと通信するためのネットワークを作成する。
  • データハブサービスを作成する。
  • クラウド上の新しいデータハブサービスにローカルデータハブを導入する。
  • 新しいDHSでFlowを実行し、データの読み込みとキュレーションを行う。
  • 新しいDHSからデータにアクセスするためのデータサービスを導入する。

オンライン講座

  • 新しいソースからのデータ読み込み
  • エンティティプロパティの調整
  • 複数のソースからのデータマッピング
  • 複数のソースからのデータキュレーション
  • データハブサービスの登録方法を知る
  • データハブサービスと通信するためのネットワーク作成
  • データハブサービスインスタンスの作成
  • ユーザーの定義
  • データハブサービス
  • データハブサービスにローカルデータハブを導入する
  • Flowの導入と実行によるデータの読み込みとキュレーション
  • データサービスについて学習する
  • データサービスの導入
  • データサービスでデータハブを検索する
シンプルな方法で学習

無料のトレーニング講座ですぐにMarkLogicの専門家になれます。

セルフペーストレーニング

柔軟な学習スケジュールが必要ですか?ご自身の時間に合わせて学習できます。セルフペースポータルから時間の都合のつくクラスを受講してください。

オンデマンドチュートリアル

さまざまな製品機能の実践例について最新のビデオチュートリアルを見ることができます。ユニバーシティモバイルアプリ(AppleまたはGoogle)からも視聴できます。

学習アセスメント

学習評価により、それぞれのトレーニング講座の学習目標を理解できたかを確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。