この実践的なコースでは、クラスタ作成に仮想マシンを使用する際のMarkLogicデータベース管理、データベースの作成、セキュリティ許可を含むデータのデータベース読み込み、データベースデータの更新、検索クエリの実行、アプリケーションへのデータ提供、インデックス作成、多様なセキュリティ機能の使用、データベースのサイズ変更、データベースのバックアップ、特定時点の状態へのデータベースリストア、高可用性の設定、階層型ストレージのセットアップ、パフォーマンス最適化、アップグレードの実行について学習します。

このコースは、MarkLogicデータハブサービスを導入・実行する管理者向けではありません。
このコースはMarkLogicサーバーをオンプレミスまたはクラウド(例:AWSまたはAzure)で導入・実行する管理者向けです。

日程を組みやすくするために、このコースは第1部と第2部の二部構成で提供されています。第1部を受講してから第2部を受講する必要があります。また、一度に全コースを受講したい方のために、第1部と第2部は連続した日程となっています。

  • 期間:計4日間(第1部:2日間、第2部:2日間)
  • 利用方法: ライブオンライン講義形式
  • 前提条件:なし

お客様の都合のつく日時を選択して登録

講座の目標

このコースを完了すると、以下のことを学ぶことができます。

  • MarkLogicクラスタの作成
  • モニタリングツールへのアクセス
  • Create a database
  • ロールとユーザーの作成
  • データの読み込み
  • データの更新
  • データの検索
  • アプリケーションへのデータ提供
  • Gradle(ML Gradle)を使用したプロジェクト導入の自動化
  • インデックスの作成
  • セキュリティの使用
  • データベースのサイズ変更
  • データベースのバックアップ
  • データベースのリストア
  • レプリケーションの設定
  • 階層型ストレージのセットアップ
  • パフォーマンスの最適化
  • アップグレードの実行
  • サポートの利用

オンライン講座

  • MarkLogic管理者の仕事とは
  • Install MarkLogic
  • クラスタへのホストの追加
  • プログラムによるホストの追加
  • グループの定義
  • モニタリングガイドへのアクセス
  • Admin画面の使用
  • Ops Directorのインストールと使用
  • モニタリングダッシュボードの使用
  • RESTful管理APIの使用
  • ログファイルへのアクセス
  • REST APIによるデータベースの作成
  • データベース導入の自動化
  • ロールの説明
  • ロールの作成
  • ユーザーの作成
  • プログラムによるロールとユーザーの作成
  • データの格納とアクセス方法を知る
  • ドキュメントパーミッションの割り当て
  • MIMEタイプを理解する
  • CPFを使用したPDFファイルの変換
  • ドキュメントの更新
  • REST APIを使用したドキュメントの更新
  • ドキュメントの一括更新
  • ディスクで何が起こるかを知る
  • マルチステートメントトランザクションの使用
  • ドキュメントの検索
  • トリプルの検索
  • SQLクエリの作成
  • オプティックAPIの使用
  • アプリケーションのホスト
  • アプリケーション認証の使用
  • modulesデータベースの使用
  • 外部アプリケーションのセットアップ
  • データサービスの実装
  • プログラムによるアプリケーションの導入
  • データベース用インデックスの指定
  • Create a range index
  • プログラムによるインデックスの作成
  • インデックスのサイズ
  • セキュリティを理解する
  • RESTでの暗号化使用
  • HTTPS/SSLの実装
  • 証明書のインストール
  • 要素レベルのセキュリティ指定
  • エクスポート時のリダクション
  • 詳細な権限の作成
  • 監査の設定
  • フォレストの追加
  • フォレストをリタイアする
  • ホストの削除
  • クラスタへのホスト再追加
  • バックアップの実行
  • 増分バックアップの実行
  • バックアップのスケジュールを作成する
  • データベースのリストア
  • 特定時点へのリストア
  • 高可用性の説明
  • フォレストフェイルオーバーの設定
  • フォレストレプリカのスクリプト作成
  • データベースレプリケーションのセットアップ
  • フレキシブルレプリケーションを理解する
  • 階層型ストレージの説明
  • レンジパーティションの作成
  • クエリパーティションの使用
  • パーティションのサイズを変更する
  • パーティションをオンライン/オフラインにする
  • パフォーマンスを理解する
  • システムリソースの確認
  • ロック使用の最小化
  • ソートパフォーマンスの向上
  • フィルタリングなし検索の実行
  • クエリの最適化
  • 一括読み込みの最適化
  • アップグレードプロセスを知る
  • アップグレードの準備
  • ローリングアップグレードの実行
  • アップグレードの完了
  • MarkLogicサポートを理解する
  • サポートサイトの利用
  • テレメトリの有効化
  • ダンプファイルの生成
  • pstackムービーの生成
シンプルな方法で学習

無料のトレーニング講座ですぐにMarkLogicの専門家になれます。

セルフペーストレーニング

柔軟な学習スケジュールが必要ですか?ご自身の時間に合わせて学習できます。セルフペースポータルから時間の都合のつくクラスを受講してください。

オンデマンドチュートリアル

さまざまな製品機能の実践例について最新のビデオチュートリアルを見ることができます。ユニバーシティモバイルアプリ(AppleまたはGoogle)からも視聴できます。

学習アセスメント

学習評価により、それぞれのトレーニング講座の学習目標を理解できたかを確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。