お客様の都合のつく日時を選択して登録

講座の目標

Attendees completing this course will be able to:

  • Configure and test Content Processing Framework (CPF) domains, pipelines, and triggers.
  • Manage and search data across multiple languages.
  • Implement schema validation.
  • Manage unstructured documents.
  • Extract metadata from and search unstructured documents.
  • インメモリマップを使用して、ドキュメントの結合を容易にする。
  • Implement a data model using modular documents.
  • Implement Document Library Services applications to manage version control, including document check-out, update, check-in, and retention policies.
  • Use registered queries.
  • Create reverse queries and matchmaking queries.
  • Create an alerting application.
  • Use near query and co-occurrence search.
  • Use geospatial search.
  • Create and use a custom dictionary and thesaurus.
  • Perform query tuning.

オンライン講座

この講座は、以下のユニットで構成されています。

  • Data Modeling
  • Content Processing Framework
  • Working with Content in Different Languages
  • Working with Schemas
  • Working with Unstructured Documents
  • MarkLogic Server Transactions
  • Joining Documents
  • Modular Documents
  • Managing Versions with DLS
  • Registered Queries
  • Reverse Queries
  • Matchmaking Queries
  • Alerting Applications
  • Co-Occurrence and Proximity Search
  • Geospatial Search
  • Using a Custom Thesaurus and Dictionary
  • Taxonomies and Ontologies
  • Entity Enrichment
  • Tuning Queries
シンプルな方法で学習

無料のトレーニング講座ですぐにMarkLogicの専門家になれます。

Self-Paced Training

柔軟な学習スケジュールが必要ですか?ご自身の時間に合わせて学習できます。セルフペースポータルから時間の都合のつくクラスを受講してください。

オンデマンドチュートリアル

さまざまな製品機能の実践例について最新のビデオチュートリアルを見ることができます。ユニバーシティモバイルアプリ(AppleまたはGoogle)からも視聴できます。

Learning Assessments

学習評価により、それぞれのトレーニング講座の学習目標を理解できたかを確認できます。

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。