プログレス、MarkLogicを買収へ - 詳細はこちら
MarkLogic管理者トラック

MarkLogic University関連

MarkLogic管理者バッジ

灰色の背景
視野を広げる

専門コース

コアトレーニングを完了したら、専門コースで、MarkLogicのさまざまな活用方法についてさらに学んでいきましょう。

セマンティック

セマンティック機能でサービスを構築するために、RDFトリプルの作成、管理、インデックス付け、クエリの方法について学習します。

コースを見る

パフォーマンス

MarkLogicが重要なシステムリソースをどのように利用しているかを理解し、パフォーマンス関連の問題を特定して、最適化の手順を学習しましょう。

コースを見る

Icon Security

セキュリティ

セキュリティを導入することで、リスクを削減し、統合データを効果的に共有・利用できるようにします。

コースを見る

専門家認定

この専門家認定プログラムでは、MarkLogic開発者またはMarkLogic管理者の認定を取得できます。

Icon of a sheet of paper

認定の詳細

icon of light bulb

スタディガイド

calendar icon

認定試験

チーム全体をトレーニングする効果的な方法

チームが迅速に業務に取り組めるためのトレーニングを準備します。プライベートトレーニングは、オンラインの仮想授業として実施されます。トレーニング内容は各受講者チームに合わせて用意され、講師が講義します。受講者はMarkLogicの仮想トレーニング環境にリモートで参加します。

お問い合わせ

ビデオチュートリアル

MarkLogicユニバーシティのビデオチュートリアルで学習を継続してください。数分で何か新しいことを学習できます。まずは以下がお勧めです。

MarkLogic入門(Introduction to MarkLogic)

このコースでは、MarkLogicの主要機能の概要を説明します。日本語など、複数の言語で受講いただけます。

データハブフレームワーク

このビデオシリーズでは、データハブセントラルを使用してデータを素早くかつ簡単に読み込み、モデリングし、キュレーションし、探索する様子をご覧いただけます。

セキュリティデータベース

これはセキュリティシリーズの最初のエピソードで、セキュリティデータベースについて、また可用性が高いMarkLogicクラスタ構成におけるセキュリティデータベースの役割について学習します。