課題

  • ビジネスイニシアチブの障害になっていた、コストがかかるポイント間統合の強化
  • 変化するビジネスニーズに対応するアジャイル性の実現
  • 完全なデータガバナンス、監査機能、トレーサビリティ、制御の確立
ソリューション

  • データ統合
  • オペレーショナルデータウェアハウス
  • メインフレームの移行
  • カスタマー 360
  • 階層型ストレージ
その結果

  • リアルタイムのバッチ統合とデータ検索
  • データのカップリング解除と再利用性
  • リレーショナルデータベースを使用した正規化モデリングと標準モデルによるアジャイル性
  • 容易で完全なデータのリニアージュとトレーサビリティ

MarkLogicを選ぶ理由

MarkLogicの導入により、Aetnaはわずか9か月ですべての業務分野を提供できるようになりました。

検索とセマンティックによるデータの使いやすさ

Aetnaは、データをリアルタイムに検索可能になり、迅速な開発によって市場投入時間を短縮し、メンバーおよびプロバイダーのデータに関するガバナンス要件を備えた高速な応答時間とアジャイル性を実現します。また、Aetnaは適合によって、プロバイダーのデータの価値を意味的に高めます。

コストの削減

データの適合がはるかに容易になりました。MarkLogicによって、ソースデータのコスト、ハードウェア、ソフトウェア、キャッシュの使用量が大幅に削減されました。アプリケーションからデータへのアクセスが容易になり、保存コストも削減されました。

完全な監査機能

MarkLogicを使用すると、完全なデータリネージや生データへのトレーサビリティを実現することがきわめて容易です。

関連リソース

ビデオ
Aetnaの事例:MarkLogicワールドセッション2017

MarkLogicワールドセッションで、Aetnaの事例をご覧ください。オペレーショナルデータハブを使用して、リレーショナルデータベースより短期間でビジネス目標を達成するまでをご紹介しています。

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。