「費用隊効果に優れた方法で迅速に実現できました」

「MarkLogicは、あらゆるチャネルを通じてコンテンツを配布するOECD Publishingの目的の実現に欠かせない推進要因です。MarkLogicのおかげで、OECDは新たなデジタルコンテンツやサービスを、これまでよりも迅速かつコスト効率の高い方法で利用者に提供できるようになりました」

課題

  • 異なるデータサイロ、タイプ、言語
  • ロールベースの権限により、ユーザーは必要なデータにしかアクセスできない
  • 複数のデバイスでの可読性とアクセシビリティ
ソリューション

その結果

  • 価値創出までの期間を短縮
  • ユーザー体験の向上
  • 柔軟なアーキテクチャ

MarkLogicを選ぶ理由

OECDは、MarkLogicの活用により、サイロ全体の構造化データと非構造化データを一元化されたデータハブに統合し、メタデータとデータの分類を改善して、スマート検索できるように情報を強化しています。また、高度なセマンティック機能とリッチな検索エンジンを組み合わせ、コンテクスト情報を活用することで、ナレッジへの迅速なアクセスや共同編集、高度な分析を実現しています。政府レベルのセキュリティと高可用性、そして拡張性も、OECDがMarkLogicを採用した理由です。

グローバルコラボレーション

OECDでは、大量の重要情報を各国代表に提供することで、社会政策や経済政策に関する情報の出版基準を定めています。

顧客サービスを改善

O.N.E.のわかりやすいインターフェイスには、あらゆる機器からいつでもアクセスできるます。これにより、各国代表は、委員会前にOECD事務局と連絡を取り合って準備しておくことができます。

デジタルトランスフォーメーション

OECDのデジタルトランスフォーメーションへの取り組みは継続しており、それによる組織のコストおよび生産性のメリットも大きくなっています。

強力なユーザー体験

情報をより迅速かつ容易に読み込むことができるため、組織内のOECD.Kappaユーザーは、データ入力作業から解放され、コンテンツ管理者として専門的な作業に集中できます。

新製品

3つの新しいアプリケーションがすでに運用中で、OECDでは、OECD iLibrary、OECD.org、Google Booksなどのさまざまなチャネルでコンテンツを利用できるように計画しています。

市場投入の期間を短縮

OECDでは、短期間のうちに既存の製品コストを削減すると同時に、効率性に優れた新製品の運用も開始しました。

関連リソース

ケーススタディ
OECDがRDBMSを捨て、迅速な機能開発で成功

加盟国間の連携を推進する革新的なデータハブにより、OECDがどのように新しいオーディエンスを獲得しているのかご覧ください。

プレスリリース
OECDがMarkLogicを活用してデータ共有をデジタル化

O.N.E.がOECDのデジタル変革の最初のアプリケーションであり、かつ主要コンポーネントになるまでのプロセス

プレスリリース
OECDがアジャイル情報配信の実現に向け、MarkLogicを採用

OECDはリレーショナルからエンタープライズNoSQLへの移行後、どのように価値創出時間を大幅に削減したのか

お客様の成功事例

詳しく見る

当ウェブサイトではクッキーを使用しています。

当Webサイトを継続利用することにより、お客様はMarkLogicのプライバシーステートメントに従ってクッキーの使用に同意するものとします。